固定電話と携帯電話、審査でどっちが有利?

かつてキャッシングの審査では、固定電話があること、というのが重要事項でした。
固定電話を引いているということはそこに生活の拠点があるということです。
返済をしないでどこかへ行ってしまう危険性が低いということで固定電話は重要な審査ポイントだったわけです。

しかし、最近では携帯電話のほうが重要視されています。固定電話の普及率が下がったこと、そして、いつでもどこでも連絡がつく携帯電話のほうが、お金を貸す側にとっても都合がいいということが理由です。
キャッシング審査では固定電話と携帯電話の番号の両方の記入欄がありますが、携帯電話の番号がない人は審査で不利になるというキャッシングもでてきました。
基本的に両方の番号を記入すべきですが、とにかく携帯電話の番号はほぼ必須だと覚えておきましょう。

キャッシングの返済日を選べることは重要です

キャッシングの契約は、金利だけを比較して決めると痛い目に遭うことが少なくありません。返済時のことを考えて最初からカードローン契約先を選べば、後から失敗したと感じることは無くなるでしょう。カードローンの契約時に必ずチェックしたい項目として、返済日を給料日の後に設定可能かという点が重要です。

なぜなら、毎回返済日が給料日の直前に設定されていると、返済のために借入を行なってしまいがちです。追加借入が増える原因をなるべく排除するためには、返済日は給料日の後が望ましいでしょう。

給料日が過ぎてからの返済であれば、振り込まれる給料に対して返済額を控除出来ます。金融業者により、返済日の変更に関する規定は全く異なるので、終身雇用制度が過去のものとなっている現代では、転職時に給料日が変更となることは珍しいことではありません。

カードローンの申込み先候補が出揃った段階で、転職時に給料日が変更となった場合の返済日取扱方法について確認してみると良いでしょう。申込み相談という形でコールセンターへ連絡した時に、満足行く回答や柔軟に返済日の変更に応じてもらえるならば、安心して借入が出来る金融業者だと確認出来るでしょう。

返済に対して柔軟な対応を取れるだけの余裕がある金融業者ならば、無理な要求をしてくることも少ないと予想出来るからです。

大手消費者金融のキャッシングなら勤続年数が短くても契約可能!

銀行カードローンやフリーローン、そして消費者金融のキャッシングローンを契約する際、安定した収入がある他、勤続年数ないしは勤続月数が問題となります。一般的に銀行カードローンやフリーローンを申し込む場合、最低でも6ヶ月から1年ほど勤務していることが条件となります。同様に消費者金融のキャッシングローンも同様の条件かと考えてしまいます。しかし、大手消費者金融のキャッシングローンにおける貸付条件は、20歳以上であることと安定した収入があることの2点になります。つまり、勤続年数または期間が短い場合でも貸付対象となっており、極端な話では就職したばかりの新入社員が契約することも可能です。

もし、転職した方や新入社員の方は契約審査に通過するため、最低限の限度額を希望するという方法が重要になります。そもそも、勤続年数または月数が重視されるのはスコアリング審査での判定であり、勤続期間が長ければ安定した収入があると判断することにはなりません。勤続期間が短いためキャッシング契約が出来ないと悩んでいる方は、銀行を優先するよりも消費者金融のキャッシングローンを契約した方が契約出来る可能性は高まります。また、消費者金融からの借り入れにより実績を積み重ねて、銀行カードローンやフリーローンを申し込むのも審査通過の可能性をアップする重要な方法です。

キャッシングした後の返済はどのようになるのか

今キャッシングを検討しているとすれば、気になるのは借りたあとにどれくらいの期間でどれくらい返せばいいのかということも気になる点の1つだと思います。

実際に借りてみないとなかなか返済の時の予定まで気にする方は少ないです。

では実際に借りたとして、最初の返済がいつになるのか?

だいたいの消費者金融や銀行のカードローンの会社では、最初の返済日は1ヶ月後というのが一般的な返済日になります。

会社によって月初や月末、給料日後の27日、好きな日にちを選べる会社とさまざまな会社がありますが、借りた月の翌月から返していきます。

金額も会社によって違いますが、例えば5万円~10万円をキャッシングで借りようとした場合、返済額は月々3000円が相場になるので、キャッシングで借りたとは言え返す金額が3000円なら、毎月そんなに高い金額と言うわけではありません。

3000円であれば飲み会を1日我慢する、買いたい洋服を1着我慢するなどすれば、給料から引かれるのはそんなに痛くない金額だと思います。

ボーナスや臨時収入が入った月は多めに返すことも出来ますし、多めに返すということは、利子などもその分かからずに済むということです。

少し余裕があるときに返せるのであれば、その時にまとまった金額を返すことをおすすめします。

キャッシングは攻略するには知識が必要

現在日本には様々な消費者金融が営業を行っています。知名度の高い有名な業者や、規模の小さい業者まで様々な消費者金融を選んで利用することが可能です。知名度の高い大手の消費者金融の場合は、インターネットから申し込みができるサービスなども展開しており、利便性の高いサービスを受けることが可能です。

また無人契約機なども展開しているので、自分にとってメリットのあるキャッシング方法を選んで申し込みを行うことができるでしょう。無担保で利用できるので家族や知人に知られることなく融資が可能なのもメリットの1つと言えるでしょう。また返済方法も様々な手段があるので、自分が使いやすい方を選んで返済を行うことが可能です。

またコンビニのATM等は24時間利用することができますが、24時間借り入れも返済も行うことが可能です。基本的に店舗に足を運ぶ必要はないので、女性でも安心して利用することができるのではないでしょうか。ATMからお金を引き出す場合は、銀行の場合は手数料が必要になりますが、消費者金融の業者によっては手数料を無料にしている場合もあるので、お得に利用することも可能です。

お得に利用するためには少しでも返済を早める必要がありますが、返済方法を工夫して少ない利息で利用出来るように考えてみましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は使い方次第で有効なことも!

カードローンを契約する際、必ず個人信用情報の照会と契約内容の登録、そして取引履歴が残ります。どうしても、将来的にローン契約をする際、過去のキャッシング契約が審査条件として不利になりがちです。カードローンはある意味では収入の不足や預貯金の不足を表してしまいます。そのため、高額な借りれの場合はフリーローンや目的別ローンが最適にはなります。

しかし、将来的な高額ローンの契約まで考慮するのであれば、少額の借り入れほどクレジットカードのキャッシング枠を利用することが得策です。個人信用情報では契約中および解約から年間は情報が登録されてしまいまいます。そのため、消費者金融の会社名を残したくない方や借り入れ先の登録情報を管理したいといった方は、クレジットカードとキャッシング枠を一本化することで複数の借り入れ先情報を残さずに済みます。

この方法を利用することで万が一、少額のキャッシング枠が契約状態にあっても、返済管理も行いやすく、解約の手間もかからずに済みます。安易に契約先を増やしてしまわない方法としては、キャッシング枠は便利に利用することも可能になっています。また、キャッシング枠は高額な借り入れになり難いメリットもあります。

銀行カードローンを利用する時の注意点

銀行カードローンは消費者金融に比べて上限金利の設定が低くなっているので返済する時の負担が少なくなるメリットがあります。安心してお金を借りる事が出来るので銀行カードローンを利用したいと考える人が多いですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで銀行カードローンを利用する時の注意点を確認していきましょう。

・即日融資を受けられる可能性が低い

銀行カードローンも最近では即日融資に対応している事もありますが、混雑の影響で審査に時間がかかってしまう事があるので融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いです。銀行カードローンを利用する時はお金が必要な日に融資を受ける事が出来るように時間に余裕を持って申し込むようにしましょう。

・申込方法によって融資スピードが変わる事が多い

銀行カードローンは電話、店頭窓口、店舗内に設置されている契約機、インターネットなど申込方法がいくつかありますが、申込方法によって融資スピードが変わる事が多いです。申し込みをしてから数日で融資を受けられる事もあれば1週間以上かかってしまう事もあります。銀行カードローンを利用する時は申し込みをする前にしっかり確認しておくようにしましょう。

キャッシングは主婦でも出来ます

主婦というのはなかなかキャッシングサービスを受けることができない、というのは仕方ないことです。そんなに返済能力がないからです。しかし、不可能ではありませんから、それは心配することはないです。さすがに専業主婦となりますと難しいことが多いのですが、例えばパートでもしているのであれば主婦でもキャッシングは十分に可能であるといえるでしょう。まずはそれをよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。また、どの業者にするのか、ということも大事になります。それに配偶者貸付、という手段があることもよく知っておきましょう。

主婦であるからキャッシングが不可能、というわけではないのです。但し、さすがに極端に高額というのはなかなか厳しいことになるでしょう。どうしても返済能力的に高い評価を受けることができないからです。ですから、まずは自分がいくらまで借りることができるのか、ということをよく知っておきましょう。事前に申し込んでおき、そして少しでも金利が低いところを見つけておきましょう。事前にカードを発行してもらっておきますといざというときに非常に助かるサービスとして活用できるようになるのは確かなことであるといえるでしょう。

楽天銀行ブライダルローンの審査通過のポイント

楽天銀行ブライダルローンの審査通過のポイントについて解説をします。

・ポイント1

楽天銀行のブライダルローンは申込時に提出する書類として、運転免許証などの本人確認書類、源泉徴収票などの所得証明書、そして見積書などの資金使途確認書類が必要となります。カードローンなどのフリーローンを申し込む場合には不要となっている資金使途確認がここでは重要となるので忘れずに用意をしておきましょう。

・ポイント2

審査通過後は、内容確認のために携帯電話や自宅・勤務先などに電話がかかってきます。この電話をきちんと受けることができなければ、契約締結手続きへ進むことができないので、しっかり電話を受けられるようにしておきましょう。

・ポイント3

楽天銀行のスーパーローンとブライダルローンは同時申し込みが不可となっておいて、もしも同時に申込をしてしまった場合にはキャンセル扱いとなってしまいます。

くれぐれもスーパーローンと同時に申込をしないように気をつけましょう。

・ポイント4

すでに楽天銀行スーパーローンを契約している人がブライダルローンに申込をした場合、両方のローンの合計融資額は500万円までとなります。

例えば、すでに300万円の限度額でスーパーローンを契約している場合には、限度額を200万円までとして申込をするようにしましょう。

銀行カードローン、代位弁済をすると起こる事

銀行カードローンを延滞し、代位弁済に移られるとどうなるのかについて解説します。

・債務は保証会社に移る

保証会社があなたに変わって借金を返済してくれると言うと聞こえは良いのですが、銀行の債務は無くなりますが保証会社の債務は無くなりません。保証会社に対して今後は遅延損害金で計算された金額を返済をしていく事になります。

・他のローンも完済を求められる

基本的には全てのローンで期限前利益の消失について触れられていないローンはありません。債務が保証会社に移るという事は、期限前利益の消失事項に該当すると思われますので、全てのローンはあなたを破産者とみなし、貸付金額の回収を図ります。具体的には全ての銀行カードローン、消費者金融のキャッシング、加えて場合によっては住宅ローンなどのその他のローンの完済を求められる事になるでしょう。

いかがでしたか。銀行カードローンや消費者金融の延滞は取り返しのつかない事になりますので、絶対に行わない様にしましょう。