キャッシングの申し込みをする為に自動契約機を探すには

近年では、インターネットを使って公式サイトからキャッシングの申し込みをするのが一般的です。しかし、インターネット環境が無いユーザーは、他の方法で申し込みをする必要があります。消費者金融会社では、Web申込みの他にも、郵送や電話や有人店舗、自動契約機での申込みがあります。この中では、直ぐに申込みが出来るのが自動契約機です。自動契約機は、駅周辺や繁華街など様々な場所にある無人店舗の中に設置されています。

自動契約機を使って申込みをするには、予め、本人確認書類を用意して、無人店舗に行きます。最近では、無人店舗に設置されている自動契約機は、タッチパネルの操作を行う事でスムーズに手続きを進められるようになっています。端末は、申込みの仕方をユーザーに順番に説明してくれますので、ユーザーはその指示通りに手続きをしていくだけです。

途中で本人確認書類をスキャンして送る必要があります。本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードなどがあります。端末で申込書のデータを作成して、本人確認書類の画像データと共に審査センターへネット経由で送られ、審査センターで審査が行われます。審査の結果、通過すれば、キャッシングが利用出来るようになります。

月々の返済が不安な方はリボルビング払いができるカードローンがおすすめ

どこからかお金を借りた場合、必ず利息を支払わなくてはなりません。特に消費者金融のキャッシングでお金を借りたときには支払う利息もかなりの金額となってしまうので月々の返済が重荷に感じてしまうことも珍しくはありません。人によっては返済を続けていくのが困難な状況に陥ってしまうこともあります。

そのようなときには利息のほかにも遅延損害金も請求されることになるのでさらに月々の返済が重くのしかかってくることになります。そのため、キャッシングよりも多少審査などが厳しいですが、月々の返済が不安だという方は銀行のカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

銀行のカードローンでは月々の返済はリボルビング払いなので、常に返済額が一定しており重荷に感じることなく返済を続けていくことができるからです。

総量規制対象外のものについて

総量規制対象という言葉を初めて聞く方は多いと思います。

カードローンやキャッシングなどについて調べたたりしなければあまり耳にする言葉ではないと思います。

しかし、キャッシングをする方にとってとても大事な言葉であります。

総量規制対象とは簡単に説明すると消費者金融などでキャッシングをすることによって借りられる金額は、債務者の年収の3分の1でなければならないという規制です。

これは一社でではなくキャッシングの総額でというものです。しかし、総量規制の対象外であるものもあります、それは銀行のカードローンです。

年収150万円の方が銀行のカードローンで50万円借りていたとしても、消費者金融でも審査してもらう価値はあるのです。

大手消費者金融はほとんどが銀行傘下なのに、なぜ銀行との差があったり、わざわざ分けて運営している?

大手消費者金融は総量規制や過払い金の影響によってそのほとんどが銀行系の傘下か銀行そのものが直接管理をしているような状況です。

そうであるにもかかわらず、銀行系カードローンと同じようなサービス内容になっておらず、別々で管理しているような状況です。

なぜ、消費者金融は銀行系カードローンとは差があるようになっているのでしょうか?

まず、大きな理由としては、銀行では扱えないような属性の人に対して借入ができるような窓口を設けたいからです。

そういう様なことをすることによって、銀行では普段は扱えないような人であったとしても収益の対称にする期間を設けることによって

そこからの収益を得ることを狙っているのです。

また、消費者金融を獲得した際に、消費者金融が有している顧客などの情報やノウハウを銀行にも生かせるようにしている部分もあります。

後は、部門を分けることによって、銀行で行うようなことを消費者金融に任せることによって、銀行の人と消費者金融とのノウハウの違いによる

業務の支障を避けることによって、業務の効率化を図っているのであります。

これらのような理由により、銀行と消費者金融はある種のすみわけ的なことを行っているのであります。

プロミスの無利息サービスが適用されるために申し込みの時にしておく事

プロミスを初めて利用する時は無利息サービスが適用されて借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。プロミスは上限金利が17.8%と高く設定されているので30日間無利息でお金を借りる事が出来るのは大きなメリットになります。しかし無利息サービスが適用されるためには申し込みの時にしておかなければいけない点があります。そこでプロミスの無利息サービスが適用されるために申し込みの時にしておく事を確認していきましょう。

・メールアドレスを登録する

プロミスを初めて利用する時に無利息サービスが適用される条件の中にメールアドレスを登録するという項目があります。メールアドレスを登録しておくと返済日を通知してくれたりするのですごく便利です。申し込みをする時に登録する事が出来るので忘れないようにしましょう。

・Web明細にする

プロミスを初めて利用する時に無利息サービスが適用される条件の中にWeb明細にするという項目があります。Web明細にすると借入残高などの明細をネット上で確認する事が出来るのですごく便利です。申し込みをする時にWeb明細に選択する事が出来るので忘れないようにしましょう。

プロミスの無利息サービスが適用されるために申し込みの時にしておく事はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

中小の消費者金融が大手の消費者金融よりメリットになる2点

中小の消費者金融は大手の消費者金融に比べてデメリットになってしまう点が多いと言われています。中小の消費者金融は上限金利も20%に設定されているので18%で設定されている大手の消費者金融に比べて返済する時の負担がかかってしまいます。しかしメリットになる点もいくつかあるので紹介していく事にしましょう。

・限度額が抑えられえている

大手の消費者金融は限度額が最大で500万円から800万円で設定されている事が多いです。しかし中小の消費者金融は限度額が最大で100万円前後で設定されている事が多いです。多額の借り入れをする事が出来ないのでデメリットに感じてしまいますが、金利が高く設定されているので借り過ぎた時に返済が困難になるのを防ぐ事が出来ます。それで債務整理をしなければいけなくなる事もなくなるのでメリットになります。

・過去の金融事故を起こしている経験があっても利用する事が出来る

大手の消費者金融は信用情報を確認して過去に金融事故を起こしていると審査に落ちてしまいます。しかし中小の消費者金融は柔軟な審査をしてくれるので5年以上前に金融事故を起こしている場合は審査が可決される事が多いです。過去に金融事故を起こした経験がある人は中小の消費者金融の方がメリットになります。

プロミスはスマートフォン一台あればキャッシングできる

最近ではスマートフォンの専用アプリを利用した金融サービスが増加していますが、プロミスではアプリを利用して便利にキャッシングができるサービスの提供をしています。アプリを利用して申込みからキャッシングまでできるサービスをアプリローンというのですが、このローン商品の特徴などについて詳しく解説していきます。

プロミスのアプリローンは、専用アプリを利用して契約申込みなどを行うため、プロミスの店舗へ来店不要かついつでも好きなタイミングで申込みができます。

申込みから融資までの時間は最短で1時間となっていて、契約後にはローンカードが発行されず、アプリ経由で融資の申し込みを行い、セブン銀行のスマホATMを通じてお金を引き出します。

キャッシングの返済方式は契約前の必須確認事項です

同じ金額をキャッシングしても、返済方式が異なるだけで総返済額に大きな違いが生まれてしまいます。例え金利が同じであっても、返済額に違いが生まれれば返済回数が変わることになり、最終的な返済回数が伸びるほど利息額が増えてしまうからです。

最も多くの金融業者で採用されている残高スライドリボルビング方式は、金融業者にとって有利な返済方式と言われています。なぜなら、最小返済額のみを残高に応じて段階的に指定するので、常に返済額のうち元金返済額が一定割合以下に抑えることが出来るからです。

元金返済額を低く抑えられれば、元金の減り方が遅くなるので、結果的に返済回数を最大限に伸ばせます。金利が一定ならば、元金を減らさずに返済回数を伸ばすほど金融業者が受け取れる利息総額が増える仕組みです。

中小企業の消費者金融の無利息期間

大手の消費者金融や、銀行系カードローンの中には無利息期間というようなものを設定してお金を借入してくれるように

中小企業でも実は無利息期間を実施している会社が多少ではあります。

セントラルやベルーナノーティス、ノーローン、フタバといったところではありますが、中小の消費者金融であっても

大手と変わらないようなサービスで対抗してくれるようなものを出してくれます。

こういったものを中小でも打ち出してくるのは、やはり現在の苦しい会社経営をよりよくするためにいろいろと手を出しているのです。

大手ではなかなか借りれなくて、困ったというような時には、中小でも無利息期間を適用しているところもございますので

ほんのちょっとでいいから借りたいときには利用してみるのもいいでしょう。

個人信用情報の誤情報や更新忘れは意外に厄介者?

銀行や消費者金融、クレジット会社や信販会社でローン契約をする場合、必ず個人信用情報機関に契約情報や返済情報そして事故情報が登録されます。これらの情報は常に最新情報に更新されるものの、更新忘れや情報登録の誤りが少なからずあります。自分自身にあまり関係ないと考えてしまうのは将来的なリスクを残してしまいます。つまり、キャッシングローンや目的ローン、クレジットカードの契約に問題が生じます。

特に注意しなければならないのが、中小消費者金融を利用した場合です。銀行や大手消費者金融の場合、利用する個人信用情報機関は2ないしは3つの機関になります。一方、中小消費者金融の中には株式会社日本信用情報機構のみということがあります。

ここで厄介なのは、単一の個人信用情報機関の情報に誤りや更新忘れがあると他の個人信用情報機関の情報にも反映されることです。つまり、登録会員になっている機関の情報しか確認されないということです。しかも、登録情報の反映にも時間がかかるため、他の審査に不利になる可能性が出てしまいます。そのため、完済や解約を行った場合などは速やかに情報開示を行い確認するのが重要です。

個人信用情報の登録情報は会員さか更新や削除が出来ないため、如何に不利となるリスクを回避するかが重要です。