Category Archives: キャッシング

キャッシングをする時に運転免許証を本人確認書類として提出する人が多い理由は?

キャッシングをする時に本人確認書類を提出する事になります。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなどが適用されますが、運転免許証を提出する人が多いです。そこでなぜキャッシングをする時に運転免許証を本人確認書類として提出する人が多いのか理由を見ていく事にしましょう。

基本的にどの書類を提出しても構いませんが、運転免許証は身分証明だけでなく車を運転する能力がある証明にもなります。それで業者からの地位が高い人と思われてる事が多いです。また運転免許証は顔写真が掲載されているので業者からの信頼度も高くなります。審査の時に有利になる事も多いので運転免許証を本人確認書類として提出する人が多いです。しかし業者によっては審査で有利にならない事もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

キャッシングの返済日は変更も可能です

必ず変更できるとは限りませんが、キャッシングの返済日は変更することも可能です。キャッシングの利用を始めてから返済日を変更したほうが返済が楽になるような場合は、返済日を変更する手続きを取られてみるといいでしょう。返済日の変更手続きは消費者金融によって違いはありますが、多くの消費者金融では自動契約機を使う方法や、お客さまカウンター、郵送などで返済日の変更手続きを受付けています。

もちろんインターネットからでも返済日の変更手続きを申し込むことができます。多くの消費者金融では公式ホームページのマイページ内にある返済日変更申込から変更手続きを受付けています。返済日を変更する際にはそれまでの利息を清算しなければならないこともあるので注意しておきましょう。返済日は変更できるとは限りませんので、変更する場合は可能かどうか電話で問い合わせてみることをおすすめします。

キャッシングの申し込み前には業者の比較をしよう

消費者金融の業者は国内にたくさんありますが、当然のことながら業者ごとに規模やキャッシングサービスの具体的な内容には細かな点で違いがあります。たとえば、キャッシングで借りたお金の返済方法や金利などについては消費者金融の業者によって違いがあります。

ほんのわずかしか差のないように思える金利であっても、その金利の差は最終的なキャッシングの返済総額に影響してくる場合もあるのです。そのため、消費者金融のキャッシングを利用する際にはあらかじめキャッシングの返済方法や金利などに関して自分なりに情報を整理をして比較をすることが大事です。そのうえで自分が有利に利用できると感じられる消費者金融の業者を選ぶようにしましょう。

キャッシングの利息は早期返済で軽減できる

消費者金融のキャッシングの利点は審査がスムーズに行われて即日融資を受けられるところにあります。しかし、手軽にお金を借りられるのはいいのですが、消費者金融のキャッシングは金利が高いというところが難点です。返済時に支払う利息に関してはキャッシングでいくら借りたかによって左右されますが、ある程度のまとまった金額を借りた場合には返済時に支払う利息は決して少ない金額ではありません。

ただし、消費者金融のキャッシングの利息の計算は日割りで行われるので、早期返済を心掛けさえすれば支払う利息の負担を軽減させることができます。消費者金融のキャッシングを利用するにあたってはこのことを念頭においておくようにしましょう。

学生の用途にも応えてくれるキャッシング

大学生などの学生は、学費以外でもサークルでの活動費や交遊費など様々なシーンでお金が必要になってきます。その為、アルバイトなどをするケースがありますがアルバイトの給料日までにお金が必要になった場合には、その資金を何らかの形で調達しておかなければいけません。資金調達の一つの手段として利用出来るのが消費者金融会社などが提供しているキャッシングです。

キャッシングは、消費者金融会社が貸金業法の下で運営している融資サービスであり、法人利用や目的別の融資とは違って個人利用を念頭に置いて作られたものです。その為、学生でもキャッシングを使う事が出来ますので、用途に応じたサービスを提供してくれる消費者金融会社を選択するのが有効です。

奨学金の返済遅延は3ヶ月以上の延滞以外で登録されるだけがデメリットではない!

長い不況、そして物価上昇に対して給与アップが追い付かず、進学のため奨学金を利用する学生は少なくはありません。

そして、就職が決まらない、就職した者の給与は少なく、返済が滞るケースがあり、最終的には債務整理に行きつくこともあります。

その結果、奨学金の返済に関し、3ヶ月以上の延滞があると個人信用情報に延滞記録が登録され、債権回収会社に債権譲渡されることで譲渡記録が5年間残る状況になっています。

ですが、奨学金はこれらのデメリットだけではなく、滞納が発生した時点で日本学生支援機構以外からの借り入れ情報も入手するということになっています。

そして、多重債務と判断された場合、即時に法的処理に移ると明言されており、クレジットカードやカードローンよりも対応が厳しくなっているのが実態です。

特に学生時代から学生ローンを利用し残高が残っている、就職後新たにカードローン契約している場合には非常にリスクが高い状況となっているため、不要なカードローンやキャッシング契約は避ける必要があります。

借り換えをすれば返済の負担が減る

キャッシングをする前に知っておいたほうが良いのは、借り換えをするタイミングについてです。

借り換えをすることで得することができるので借り換えをする方法を知っておいて損はないです。

消費者金融の中にはキャンペーンを行っている業者がいろいろあります。

そのため、キャンペーンをしている業者に借り換えをすることで金利を低くすることができます。

借り換えをしたい人は素早くした方がいいです。

もたもたしていると消費者金融のしているキャンペーンが終わってしまうリスクがあります。

借り換えをする方法を知っていればスムーズに借り換えができます。

一時的に金利が下がっている業者へ借り換えをすれば返済の負担を減らすことが可能です。

キャッシングの申し込みをする為に自動契約機を探すには

近年では、インターネットを使って公式サイトからキャッシングの申し込みをするのが一般的です。しかし、インターネット環境が無いユーザーは、他の方法で申し込みをする必要があります。消費者金融会社では、Web申込みの他にも、郵送や電話や有人店舗、自動契約機での申込みがあります。この中では、直ぐに申込みが出来るのが自動契約機です。自動契約機は、駅周辺や繁華街など様々な場所にある無人店舗の中に設置されています。

自動契約機を使って申込みをするには、予め、本人確認書類を用意して、無人店舗に行きます。最近では、無人店舗に設置されている自動契約機は、タッチパネルの操作を行う事でスムーズに手続きを進められるようになっています。端末は、申込みの仕方をユーザーに順番に説明してくれますので、ユーザーはその指示通りに手続きをしていくだけです。

途中で本人確認書類をスキャンして送る必要があります。本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードなどがあります。端末で申込書のデータを作成して、本人確認書類の画像データと共に審査センターへネット経由で送られ、審査センターで審査が行われます。審査の結果、通過すれば、キャッシングが利用出来るようになります。

中小の消費者金融が大手の消費者金融よりメリットになる2点

中小の消費者金融は大手の消費者金融に比べてデメリットになってしまう点が多いと言われています。中小の消費者金融は上限金利も20%に設定されているので18%で設定されている大手の消費者金融に比べて返済する時の負担がかかってしまいます。しかしメリットになる点もいくつかあるので紹介していく事にしましょう。

・限度額が抑えられえている

大手の消費者金融は限度額が最大で500万円から800万円で設定されている事が多いです。しかし中小の消費者金融は限度額が最大で100万円前後で設定されている事が多いです。多額の借り入れをする事が出来ないのでデメリットに感じてしまいますが、金利が高く設定されているので借り過ぎた時に返済が困難になるのを防ぐ事が出来ます。それで債務整理をしなければいけなくなる事もなくなるのでメリットになります。

・過去の金融事故を起こしている経験があっても利用する事が出来る

大手の消費者金融は信用情報を確認して過去に金融事故を起こしていると審査に落ちてしまいます。しかし中小の消費者金融は柔軟な審査をしてくれるので5年以上前に金融事故を起こしている場合は審査が可決される事が多いです。過去に金融事故を起こした経験がある人は中小の消費者金融の方がメリットになります。

キャッシングの返済方式は契約前の必須確認事項です

同じ金額をキャッシングしても、返済方式が異なるだけで総返済額に大きな違いが生まれてしまいます。例え金利が同じであっても、返済額に違いが生まれれば返済回数が変わることになり、最終的な返済回数が伸びるほど利息額が増えてしまうからです。

最も多くの金融業者で採用されている残高スライドリボルビング方式は、金融業者にとって有利な返済方式と言われています。なぜなら、最小返済額のみを残高に応じて段階的に指定するので、常に返済額のうち元金返済額が一定割合以下に抑えることが出来るからです。

元金返済額を低く抑えられれば、元金の減り方が遅くなるので、結果的に返済回数を最大限に伸ばせます。金利が一定ならば、元金を減らさずに返済回数を伸ばすほど金融業者が受け取れる利息総額が増える仕組みです。