Category Archives: 審査

主婦や学生はキャッシングが可能なの?

消費者金融によってそれぞれ審査方法は異なりますが、ほとんどの場合主婦や学生でもキャッシングを申し込むことは可能です。

ただあくまでもある一定の収入があればということです。

専業主婦やアルバイトをしていない学生はまず借り入れをすることはできません。

なぜかというと年収の3分の1以上の借り入れがある人は、それ以上の借り入れができないようになっており、これは総量規制法という法律で定められております。

ですので、もともと収入がない方は必然的に借り入れをすることはできない仕組みになっております。

ただ例外として専業主婦でも配偶者貸付といって夫婦の年収を合算して、二人分の年収の3分の1までお金を借りられるという仕組みもあります。

これには夫の同意も必要になりますが例外措置として認められているので専業主婦で借り入れを検討されている方はこれに対応してる消費者金融を探し申し込んでみてください。

総量規制対象外のものについて

総量規制対象という言葉を初めて聞く方は多いと思います。

カードローンやキャッシングなどについて調べたたりしなければあまり耳にする言葉ではないと思います。

しかし、キャッシングをする方にとってとても大事な言葉であります。

総量規制対象とは簡単に説明すると消費者金融などでキャッシングをすることによって借りられる金額は、債務者の年収の3分の1でなければならないという規制です。

これは一社でではなくキャッシングの総額でというものです。しかし、総量規制の対象外であるものもあります、それは銀行のカードローンです。

年収150万円の方が銀行のカードローンで50万円借りていたとしても、消費者金融でも審査してもらう価値はあるのです。

固定電話と携帯電話、審査でどっちが有利?

かつてキャッシングの審査では、固定電話があること、というのが重要事項でした。
固定電話を引いているということはそこに生活の拠点があるということです。
返済をしないでどこかへ行ってしまう危険性が低いということで固定電話は重要な審査ポイントだったわけです。

しかし、最近では携帯電話のほうが重要視されています。固定電話の普及率が下がったこと、そして、いつでもどこでも連絡がつく携帯電話のほうが、お金を貸す側にとっても都合がいいということが理由です。
キャッシング審査では固定電話と携帯電話の番号の両方の記入欄がありますが、携帯電話の番号がない人は審査で不利になるというキャッシングもでてきました。
基本的に両方の番号を記入すべきですが、とにかく携帯電話の番号はほぼ必須だと覚えておきましょう。

即日キャッシングが今では当たり前

即日キャッシングというのは、要するにすぐにお金を貸してくれる、と言うことです。金融サービスとしては最も良いことになるでしょう。最も簡単に貸してくれる金融サービスであるといえるでしょうから、覚えておくことです。キャッシングの審査がかなり迅速になっています。

今では完全にコンピュータ化されていますから、その点においてはどんどん進化しているといっても過言ではないでしょう。具体的には30分以内で審査をしてくれるところが増えているのは確かでしょう。それは間違いないことであるといえるでしょう。

何故かといいますと昔はそもそも即日融資というのが珍しいことであったのです。しかし、今ではそれが当たり前になっています。即日融資ではないキャッシングサービスを探すことは難しいといっても過言ではないでしょう。ですから、基本的には探すことに苦労することはないでしょうから、その点は心配しないでよいです。

即日キャッシングとは要するにすぐに、その場でお金を貸してくれる、ということになります。それこそが何よりも有難いことであり、上手く活用すればよい資金源、資金繰りに使えるようになるでしょう。事前にいくつかのところを見繕っておくことがベストです。

キャッシングの審査のポイントとなるところ

消費者金融のプロミスなら審査時間も短い|最寄り駅近くの無人契約機でキャッシング
http://same-pgh.org/

キャッシング業者といっても実はいくつもあります。これは企業が、と言う意味ではなく、何も貸金業のみがキャッシングをしているわけではないからです。銀行系も最近では増えていますから、いくつもあるわけです。

しかし、総量規制云々のことはさておくとしてもキャッシングの重要な要素というのは、そんなに多くはないです。ここさえ抑えていれば基本的には上手く使えるし、問題はない、ということがいくつかあります。その一つとして挙げることができるのが審査です。キャッシングは審査をする時にいくつか見られる要素があります。この場合、指定信用情報機関というところに貸金業の場合は問い合わせて情報を得ます。そして、他にどの程度の借金があるのか、ということを把握します。

ちなみにこちらから情報を提供しつつも、確認されることになります。要するに申請、申告と同じであるのか、というのが重要になってくるわけです。加えて、収入に関する確認もされるようになります。これが収入証明などの行為に繋がって行くわけですが、実はそこまで厳格ではないです。やらないといけない状況はあるのですが、初めて借りるようなときの場合はそこまでやらされる可能性は低いです。あくまで低い、というだけであり、求められることはあります。ちなみにどんな書類で収入を証明するのか、といいますと基本的には源泉徴収票になります。

これが最も証明としてレベルが高い書類になります。給料明細でもよいのでは、と考えるかもしれませんが、実はほぼこれは断られます。ですから、事前に用意できるならば源泉徴収票はもって行くとよいでしょう。それと身分証は必須です。これは消費者金融であろうと銀行系であろうと同じになります。基本的に身分証での確認は必須となります。

この時にもって行くと良いのが運転免許証、或いは健康保険証などになります。こうした物であれば身分証明とすることができるのです。借りる時にはこれらをもって行きましょう。

キャッシングの審査の際に審査される項目とは?

キャッシングを利用したいと思ったときに審査を受けます。さて、キャッシング会社が審査の際にどんな項目をチェックするのでしょうか。今日は審査される項目のいくつかについて記したいと思います。

まず、審査される項目の一つ目は年齢です。年齢はキャッシング会社にとって重要な項目のひとつです。なぜでしょうか。それは年齢によってその人の置かれている経済状況を判断することができるからです。例えば、20代はまだ働き始めたばかりで、給料の額も少なく審査には不利になってしまいます。30代、40代は働き盛りですが子供がいるとそちらにお金がかかってしまうので、自分で使える自由なお金が少ないと判断されます。逆に、50代などは子育ても終わり、収入もそれなりにある人が多いですので、審査には有利です。

次に審査される項目は勤続年数です。審査に有利な勤続年数はどのようなものなのでしょうか。やはり1つの会社で長く働いている人、とくに公務員で10年以上勤務している人は安定していると判断されますので、非常に有利です。会社を急にリストラされるということもほぼありません。逆に勤続年数が2年未満だと、コロコロ職場を変える人と判断されがちです。つまり経済的には不安定な状態だと判断されてしまいます。もちろん、日雇いのバイトなどの場合には審査は不利になってしまいます。

このように、審査される項目はたくさんあります。その一つ一つに注目することで審査に自分が審査に通りやすいのかをある程度判断することができます。

プロミスならセブンイレブンで返済もキャッシングもできます!
http://smartnavi.org/cashing/

生活資金を借りるためにキャッシングに申し込む危険性

生活資金が足りないので、キャッシングで借りてなんとかしたいと思っている人も多いかもしれないです。ただ、それは危険かもしれないということとそもそも審査に通らない可能性もあるということを言っておきたいと思います。どうして危険なのか?というと、生活資金っていうのは、まず確保すべき1番のお金になります。

毎月の収入のうち、娯楽費などを削ることはあっても、生活資金を削ることはあまりしません。するとしても、できる範囲でということになります。つまり、毎月の収入の中で1番最初に確保する部分のお金が足りないというのは、毎月普通に生きていくだけで赤字ということですから、そのお金をキャッシングで借りると利息がついて、さらに赤字分が膨れ上がる。全く返せる見込みが立たないのでは?と思えてくるのです。そういう状況があれば、貸す方としても貸しづらいでしょう。

だから、そもそも審査に通らない可能性も十分にあるので、生活するためのお金が足りない人はキャッシング意外でなんとか工面をするようにしないと、仮に借りられても返済が厳しくなり、最悪の場合には債務整理をしないといけない状況になるかもしれません。だから、もしそういった理由でキャッシングの申し込みを考えているならば、その前に考え直してみてください。

主婦の方でも通るキャッシングの審査

多くの人がキャッシングに対して思っていることとして、無職の場合には審査が通らないのでは?ということがあります。もちろん、キャッシングの申し込みの時には会社の所在地から、年間の収入まで詳細に記載する必要があります。なので、無職ですと申告をして高額な融資希望をすると審査に通らないというのは当たり前なのですが、しかしながら、仕事をしていない方でも申し込みができることもあります。

それが主婦の方のキャッシングの申し込みです。主婦の方は家のことをするのがお仕事ですが、キャッシング会社の審査では無職という扱いになります。しかし、旦那さんが仕事をしていて収入を安定して手に入れている方であれば、主婦の方でも問題なくキャッシングの審査に通ります。

その際には、旦那さんの収入を証明する資料を提出すれば大丈夫です。一般的には源泉徴収票のコピーを出すことになります。一年以上働いていることで、年収の額が安定しますので、もし旦那さんが転職をしたばかりだったりして、年収の額が少ないという場合でしたら、申し込みをするタイミングをずらして収入が安定してから行うのも審査に通りやすくするコツです。また、パートタイマーとしてお仕事を主婦の方がしていても、審査が通る確率が高まります。

おまとめローンは債務をまとめられて便利

複数のキャッシングを抱えている人にとって、非常に見逃せない手段といえばおまとめローンが挙げられます。

いくつもの企業からお金を借り入れていたり、数社のカードローンや消費者金融と付き合いがある場合、会社ごとに返済期日や返済方法が異なったり、債務の残額が違うといった理由で頭を悩ませる人は非常に多いものです。

しかし、おまとめローンを組むと、毎月たった一度のみの返済で済むようになりますし、自分の抱えている債務がまとめられるので、一目で借金の残高が把握できるようになります。

一月のうち何度もATMを操作することも無くなりますし、返済期日に何度も追われてしまうことも皆無になるので、非常に返済の労力を削減することが出来ます。

また、おまとめローンを組む利点といえば、借金返済の際の利息を削減できる点があげられるでしょう。

借金といえば金利が付き物ですが、おまとめローンを組むと一社のみとの付き合いで大口でのまとまった金額でのお取引になるので、小口ずつ色々な業者から借り入れを行う場合と違い、非常に金利を節約できるようになるのです。

おまとめローンを組むことにより、今と変わらない返済のペースであっても、完済を早めることが出来たり、総返済金額を大幅に短縮できることはよく有ります。

また、個人再生や任意整理といった債務整理に頼らず、借金の毎月の返済金額を抑えて生活を楽にできたり、借金に対する心理的ストレスを減らせる方法でもあります。

自分の持つ借金が把握しやすくなり、完済への計画を明瞭に立てやすくなる利点も有るのです。

キャッシングは主婦でも借り入れことができるのか。

キャッシングはお金が必要なときに迅速に融資してくれる便利なサービスです。そのため、現在では多くの人が利用しています。しかし、実際に利用する際に不安を感じるのは実際に審査に通るだろうかということです。今日はもし主婦の人がキャッシングを利用することを考えている場合に、果たして審査に通るのかどうかということについて記したいと思います。

実際に主婦でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。実は専業主婦の場合には残念ながらキャッシングを利用することは難しいと言えます。なぜでしょうか。それはキャッシングには総量規制があるからです。この総量規制とは年収の三分の一までキャッシング会社は融資ができるというものです。それで、専業主婦の場合には年収がゼロなので、キャッシングを利用することはできないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。やはり収入を得ることが重要です。ですので、アルバイトやパートでも良いので毎月安定した収入を得ることがどうしても必要です。よく正社員でなければ審査には通らないと考えている人がいますが、条件によってはアルバイトやパートでも借り入れることが可能です。例えば、長年同じ会社で働いている、そして毎月安定した収入があると、キャッシング会社は信頼できる人と判断し、アルバイトやパートでも審査を通してくれる可能性があります。

それで主婦でもぜひ簡単にあきらめないで、自分の条件を分析して、申し込んでほしいと思います。