Category Archives: 申込み

「本人確認」は安心と安全の証です

キャッシングの「本人確認」と言うと、拒否感を覚える方も少なくないはずです。

確かに、会社に電話がかかってくるとなるといい気持ちはしないものです。

ただ現実には、お金に絡む話には、もっと嫌な電話というのもつきものです。

知り合いの会社が夜逃げしてしまった、知らないうちに保証人にされて大変なことになるというのはドラマなどでも定番ですね。

一方、実際にキャッシングを利用している方からは、そうした悲惨な話が出てくることは通常ありません。

これは、キャッシングが無担保で行われているからです。保証人をつけずともお金を貸してくれる、もし何かあっても他の人に取り立てには行かないという姿勢が基本なのです。

だからこそ本人確認が大切になるわけですね。

本人確認は疎ましいと感じられる手続きでもありますが、安心安全を保証するが故のものでもあります。

恐れ過ぎずに臨むのが良いでしょう。

キャッシングの申し込みをする為に自動契約機を探すには

近年では、インターネットを使って公式サイトからキャッシングの申し込みをするのが一般的です。しかし、インターネット環境が無いユーザーは、他の方法で申し込みをする必要があります。消費者金融会社では、Web申込みの他にも、郵送や電話や有人店舗、自動契約機での申込みがあります。この中では、直ぐに申込みが出来るのが自動契約機です。自動契約機は、駅周辺や繁華街など様々な場所にある無人店舗の中に設置されています。

自動契約機を使って申込みをするには、予め、本人確認書類を用意して、無人店舗に行きます。最近では、無人店舗に設置されている自動契約機は、タッチパネルの操作を行う事でスムーズに手続きを進められるようになっています。端末は、申込みの仕方をユーザーに順番に説明してくれますので、ユーザーはその指示通りに手続きをしていくだけです。

途中で本人確認書類をスキャンして送る必要があります。本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードなどがあります。端末で申込書のデータを作成して、本人確認書類の画像データと共に審査センターへネット経由で送られ、審査センターで審査が行われます。審査の結果、通過すれば、キャッシングが利用出来るようになります。

キャッシングは攻略するには知識が必要

現在日本には様々な消費者金融が営業を行っています。知名度の高い有名な業者や、規模の小さい業者まで様々な消費者金融を選んで利用することが可能です。知名度の高い大手の消費者金融の場合は、インターネットから申し込みができるサービスなども展開しており、利便性の高いサービスを受けることが可能です。

また無人契約機なども展開しているので、自分にとってメリットのあるキャッシング方法を選んで申し込みを行うことができるでしょう。無担保で利用できるので家族や知人に知られることなく融資が可能なのもメリットの1つと言えるでしょう。また返済方法も様々な手段があるので、自分が使いやすい方を選んで返済を行うことが可能です。

またコンビニのATM等は24時間利用することができますが、24時間借り入れも返済も行うことが可能です。基本的に店舗に足を運ぶ必要はないので、女性でも安心して利用することができるのではないでしょうか。ATMからお金を引き出す場合は、銀行の場合は手数料が必要になりますが、消費者金融の業者によっては手数料を無料にしている場合もあるので、お得に利用することも可能です。

お得に利用するためには少しでも返済を早める必要がありますが、返済方法を工夫して少ない利息で利用出来るように考えてみましょう。

内緒でのカードローンとネット申込みのネック

WEB媒体は、非常に便利な事だけは間違いありません。カードローン申込をする方々としても、ネット媒体で手続きを行うケースが大変多いです。

確かにそれは便利ですが、若干のデメリットがある事も忘れてはなりません。なぜなら、郵送物に関する問題があるからです。

そもそもカード作成を考える方々としては、家族に対して内緒にしたいと思う事もあります。発覚してしまうと、色々面倒な事態にエスカレートする可能性もあるでしょう。もちろん多くの方々は、それを避けたいと考えています。

ところでカードローンでは、たまに郵送物が届きます。明細書などを、金融会社が届けてくる事はあるでしょう。それ自体はとても大事な書類であることは確かに間違いありません。

それでカードが自宅に郵送されてしまいますと、家族に見られてしまう可能性があるのです。とりわけ郵便ポストに入ってしまうと、やはり発覚率は高まる傾向があります。それゆえに、かえって実店舗の方が望ましい事も多いのです。

しかし人によっては、どうしてもインターネットで申込みを行いたい事もあるでしょう。そういった時には、金融業者に相談してみると良いです。郵送手続きでなく、別の方法でカードを受け取れるよう相談出来る事もあるからです。

メガバンクのカードローンの比較

N752_2senensatu_TP_V現在日本でメガバンクとして君臨しているのが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行となっていますが、この3行から提供されているカードローンの金利と利用限度額、申込から利用できるまでの時間がどのようになっているのかについて解説をします。

・三菱東京UFJ銀行のバンクイック

バンクイックの利用限度額は最大で500万円、実質年率は4.6%~14.6%、最短で30分で審査回答がもらえますし、テレビ窓口からの申込であれば最短で40分でカード発行をしてもらえます。

・三井住友銀行カードローン

利用限度額は最大で800万円、実質年率は4.0%~14.5%、インターネットバンクイックからの申込なら審査回答まで最短で30分であり、即日利用も可能となっています。

・みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)

利用限度額は最大で1000万円であり、実質年率は3.5%~14.0%となっています。みずほダイレクトからの申込であれば、最短で即日利用が可能となっています。

こうして比べてみますと、どの銀行も最短で即日利用ができますし、スピードを重視するならば三菱東京UFJ銀行が、利用限度額や金利を重視するならばみずほ銀行が適していることがわかります。

それぞれの特徴をよく把握してうまく利用したいですね。

主婦がキャッシングする理由、それは夫に言えないものなのか?

キャッシングをするという事は、理由は何にせよお金が足りないという事でしょうか。

老若男女問わずキャッシングをしている人は多いと思いますが、返済能力がない人には消費者金融も融資はしないはずです。でもキャッシングはクレジットカードにキャッシング枠さえあれば、例えその時に無職であってもお金を借りれます。働いていない主婦でもクレジットカードさえあればお金を借りれるという事です。

また、審査の必要な消費者金融でも、夫の年収や勤務先次第で融資は可能でもあります。家計の管理は各家庭によりけりですが、妻に家計を任せているという夫婦であれば、返済は夫の給料からしていけばいいわけです。夫が稼いだお金でという意見もありますが、夫婦であればそれは共有財産になるわけですから、家計をうまくやりくりして返済していけばいいのではないかと思います。

主婦がキャッシングする理由として、生活費が足りないというケースが多くあげられます。それを夫に言えず、賞与や次の給与などで補てんすればいいやという、最初は軽い気持ちでキャッシングする人が多いようです。足りない事を相談すればよいのだと思いますが、家計を任されたいじょうなかなか言い出せなくてという人もいるようです。

また、お金の管理能力がないと思われる事が嫌なのかもしれません。貯蓄をしつつ、家計の範囲でうまくキャッシングを利用する分にはいいと思いますが、自転車操業という泥沼にはまる前に家族に相談する勇気も必要です。

消費者金融は利便性が高い

消費者金融のキャッシングに申し込んでみたところ無事に審査に通り、希望していた額のお金も借りることができました。

パートで働いているので私にとってお金を借りられるところと言えば消費者金融しかなかったので審査に通ったときは本当に助かったと思いました。パートでは銀行からお金をかりることはまず不可能だと思います。いまではクレジットカードでもキャッシングはできますがクレジットカードを持っていない私にはどうしようもありません。

消費者金融はパートであれアルバイトであれ安定した収入があれ誰に対してもお金を貸してくれる可能性があるので本当に有難い存在だと改めて思ってしまいました。消費者金融の良いところは誰でもお金が借りられるというだけではなく利便性も高いところだと思います。

今回、消費者金融のキャッシングに申し込んでみて判ったのですが申し込みから審査、そして私の口座にお金が振り込まれるまでが本当にスピーディーでした。申し込みもスマートフォンのアプリを使い手続きができて、実際にあるお店にも無人店舗にも行く手間が省けてとても便利だと感じました。

借りたお金も提携している銀行のATMやコンビニのATMが利用できるので簡単です。これからも必要になったらキャッシングを利用したいので借りたお金は遅滞しないよう返済していこうと思っています。

主婦で消費者金融系キャッシングを受ける為に必要な事

主婦で消費者金融系のキャッシングを希望する場合、専業主婦か兼業主婦かでその難易度は大きく異なります。

まず、比較的容易なケースである兼業主婦の方について見て行きましょう。兼業主婦は男性と比べてパートやアルバイト等様々な雇用形態を取っている点が特徴です。その為、雇用形態を不安視してキャッシングの審査通過を危惧する方も珍しくありません。

ですが、キャッシングの審査を受けるにあたって、雇用形態を理由に諦めるのは些か早計だと言わざるを得ません。銀行系は別として消費者金融系のキャッシングであれば、パートやアルバイトであっても十分に審査に通過するチャンスはあります。特に消費者金融の審査は、収入の大小より安定性を重視する点が特徴です。したがって、主婦のパートやアルバイトであっても勤務実績が長い方は、審査に通過する可能性はより高くなると言えるでしょう。

続いて見て行きたい点が、専業主婦での融資を希望するケースです。こちらは本人名義の安定収入がない上に総量規制による制限が加わる為、そのまま消費者金融の審査を受けても融資を受けられる可能性はゼロだと言えます。

ここで注意したい点が、配偶者貸付を実施している消費者金融の存在です。配偶者貸付は夫とご自身の収入を同一のものと扱って融資を行う制度ですが、対応している消費者金融ならば主婦であっても融資を受ける事が可能です。全ての消費者金融が対応しているわけではありませんが、対応してくれる消費者金融ならば十分に融資の可能性はあると言えます。

プロミスはコンビニで利用できるので便利

最近キャッシング業界は非常に便利になっており、専門のATMで借りる以外にもコンビニエンスストアで簡単にキャッシングを利用する事が出来ます。

インターネットで申し込みをして審査に合格すると、提携コンビニエンスストアで簡単にキャッシングできますので、ほとんど人にバレる心配がなく安心してキャッシングサービスを利用する事が出来ます。

プロミスは多くのコンビニと提携しており、全く問題なく利用できますので利用者の数が非常に多いのが特徴です。

家の近くや会社の近くにコンビニは必ずありますので、そこでお金が借りたいときにスムーズにお金を借りることが出来るようになっています。
プロミスはインターネットで簡単にお金が借りれるかどうか診断できますので、本当に初心者の方でもお金を借りやすい消費者金融です。

キャッシングは恥ずかしいことだと思っている人がまだ多くいると思いますが、日本では非常に多くの方がキャッシングを利用していますので、まったく恥ずかしがることはありません。

減った自動契約機。でもキャッシングはどんどん便利になっていく

以前は駅の近くや国道沿いなどいたるところにあったキャッシング業者の自動契約機ですが、最近はその数も随分減りました。

特に郊外では探すほうが大変なほど、数年で随分姿を消しています。

これではキャッシング契約するのが大変だと思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

しかし、今は最速でキャッシング契約をするならばインターネットの存在があります。

実際に、自動契約機へ直接出向くよりもパソコンやスマホでお申し込みをする方が審査スピードは早いという業者が多いのです。

借り入れについてもネットを利用して口座を登録することで、ネット振込みを行ってくれますので、

お申し込みから借り入れまで1時間というスピーディーな手続きという業者も少なくありません。

大手業者の中でキャッシングまでの手続きが短いのは、もちろん条件によりますがプロミスやアコム、アイフルなどと言えます。

平日の14時までにネットでのお申し込みを行えば多くの場合即日融資に対応してくれますし、

必要書類の添付までネットやスマホを利用して送信可能です。

つまりは自動契約機へ出向く必要が無いだけではなく、外にすら出なくてもキャッシングが出来るのです。

さらにモビットはweb完結というサービスを導入し、状況次第ではありますが電話での確認や郵送物まで一切なしというプライバシーを保護してくれております。

このように、時代はどんどん進化してキャッシングも便利になってまいりました。

どうしてもお金が必要なときの大切な存在として、今後もキャッシングは行き続けていくのです。