主婦層のキャッシング注意点

キャッシングは担保などの必要なくお金を借りることができるため、資産のあまりない人でも利用することができます。そのため、主婦層にも一定の利用者がいるのも事実です。

しかし、必ずしもどこの金融機関に申し込んでも主婦がお金を借りられるわけではありません。金融機関についてや規制の情報、体験談をもとにしっかりと審査に応じてもらえそうなところを選ばなければ、信用情報に無駄な傷をつけることにもなりかねないので注意することは不可欠です。

まず注意しないといけないのが総量規制の問題です。総量規制はその人の年収の三分の一を超えてお金を借りることはできないというものです。例外事項は幾つかあるものの、消費者金融からのキャッシングはこの規制の対象となります。

当人の収入の有無という点で言えば、例えば専業主婦には一切収入はありませんので借り入れ自体ができません。パートであっても扶養対象範囲内であれば多く見積もっても三十万円強しか限度額が設定されないということになりますので、本当に使いたい用途に沿うのかどうか考えなくてはなりません。

ただし銀行からのカードローンでの借り入れであれば総量規制対象とはなりません。そのため旦那の収入も含めての審査結果で年収の三分の一以上借りれたり、専業主婦でも借りることが可能です。

こうした条件があるためにまずは主婦層がやるキャッシングの場合は事前に直接問い合わせをしたほうが着実だと思います。