主婦がキャッシングをするときの注意点や気になる事とは

キャッシングは、2010年の法律改正によってキャッシング事情は、変化しました。銀行や消費者金融の業者が主婦に対しての貸付について3つのスタイルで執り行っています。

1、収入が無い主婦に対しての融資は不可能とする

2、収入がない主婦に対して、配偶者に収入があり、尚且つ配偶者からの同意が得られている場合にのみ融資可能とする

3、収入がない主婦に対しての融資も可能とする(配偶者の同意はふようとする)

もちろんですが、収入がある主婦はもちろん融資可能です。

主婦がキャッシングをする場合の注意点としては、高額の借り入れは難しいという点です。主婦向けに設定されている限度額については、30万~50万程度でほとんどが30万円以下です。

主婦向けの融資は、例えば、主婦に収入がある場合でも同様で審査が通るかどうかは未知数です。必ず借りられるとは言い難いという事です。

主婦が高額の融資を期待していると、必要なお金が手元にないという状況もあり得ます。高額な融資を期待しない方が良いです。

キャッシングをするときに、消費者金融の窓口には行きにくいと感じている主婦の方も多いようです。知り合いに見られたくないなどの理由です。キャッシングの場合インターネットからの申し込みと口座振り込みが可能な業者を利用すると良いです。自宅で申し込みをして契約をし、自分の銀行口座から引き落とすだけですから簡単にキャッシングはできてしまいます。

住宅ローンの審査に影響してしまうだろうか?と不安を抱えている方も多いようですが、夫の名義で住宅ローンを組まれれば、影響はありません。夫婦連名での名義にするとなると、妻のローン情報が影響します。

実際に審査をしてみないと分からないですが、返済遅れやキャッシング業者の数が多いと審査では不利になる可能性があります。返済中のものはできるだけ完済した後に、住宅ローンの申し込みをする事が理想的です。

また、過去の利用歴を気にする方もいますが、きちんと返済期限を守り返済済であれば影響はほぼありません。