消費者金融は利便性が高い

消費者金融のキャッシングに申し込んでみたところ無事に審査に通り、希望していた額のお金も借りることができました。

パートで働いているので私にとってお金を借りられるところと言えば消費者金融しかなかったので審査に通ったときは本当に助かったと思いました。パートでは銀行からお金をかりることはまず不可能だと思います。いまではクレジットカードでもキャッシングはできますがクレジットカードを持っていない私にはどうしようもありません。

消費者金融はパートであれアルバイトであれ安定した収入があれ誰に対してもお金を貸してくれる可能性があるので本当に有難い存在だと改めて思ってしまいました。消費者金融の良いところは誰でもお金が借りられるというだけではなく利便性も高いところだと思います。

今回、消費者金融のキャッシングに申し込んでみて判ったのですが申し込みから審査、そして私の口座にお金が振り込まれるまでが本当にスピーディーでした。申し込みもスマートフォンのアプリを使い手続きができて、実際にあるお店にも無人店舗にも行く手間が省けてとても便利だと感じました。

借りたお金も提携している銀行のATMやコンビニのATMが利用できるので簡単です。これからも必要になったらキャッシングを利用したいので借りたお金は遅滞しないよう返済していこうと思っています。

主婦で消費者金融系キャッシングを受ける為に必要な事

主婦で消費者金融系のキャッシングを希望する場合、専業主婦か兼業主婦かでその難易度は大きく異なります。

まず、比較的容易なケースである兼業主婦の方について見て行きましょう。兼業主婦は男性と比べてパートやアルバイト等様々な雇用形態を取っている点が特徴です。その為、雇用形態を不安視してキャッシングの審査通過を危惧する方も珍しくありません。

ですが、キャッシングの審査を受けるにあたって、雇用形態を理由に諦めるのは些か早計だと言わざるを得ません。銀行系は別として消費者金融系のキャッシングであれば、パートやアルバイトであっても十分に審査に通過するチャンスはあります。特に消費者金融の審査は、収入の大小より安定性を重視する点が特徴です。したがって、主婦のパートやアルバイトであっても勤務実績が長い方は、審査に通過する可能性はより高くなると言えるでしょう。

続いて見て行きたい点が、専業主婦での融資を希望するケースです。こちらは本人名義の安定収入がない上に総量規制による制限が加わる為、そのまま消費者金融の審査を受けても融資を受けられる可能性はゼロだと言えます。

ここで注意したい点が、配偶者貸付を実施している消費者金融の存在です。配偶者貸付は夫とご自身の収入を同一のものと扱って融資を行う制度ですが、対応している消費者金融ならば主婦であっても融資を受ける事が可能です。全ての消費者金融が対応しているわけではありませんが、対応してくれる消費者金融ならば十分に融資の可能性はあると言えます。