主婦がキャッシングする理由、それは夫に言えないものなのか?

キャッシングをするという事は、理由は何にせよお金が足りないという事でしょうか。

老若男女問わずキャッシングをしている人は多いと思いますが、返済能力がない人には消費者金融も融資はしないはずです。でもキャッシングはクレジットカードにキャッシング枠さえあれば、例えその時に無職であってもお金を借りれます。働いていない主婦でもクレジットカードさえあればお金を借りれるという事です。

また、審査の必要な消費者金融でも、夫の年収や勤務先次第で融資は可能でもあります。家計の管理は各家庭によりけりですが、妻に家計を任せているという夫婦であれば、返済は夫の給料からしていけばいいわけです。夫が稼いだお金でという意見もありますが、夫婦であればそれは共有財産になるわけですから、家計をうまくやりくりして返済していけばいいのではないかと思います。

主婦がキャッシングする理由として、生活費が足りないというケースが多くあげられます。それを夫に言えず、賞与や次の給与などで補てんすればいいやという、最初は軽い気持ちでキャッシングする人が多いようです。足りない事を相談すればよいのだと思いますが、家計を任されたいじょうなかなか言い出せなくてという人もいるようです。

また、お金の管理能力がないと思われる事が嫌なのかもしれません。貯蓄をしつつ、家計の範囲でうまくキャッシングを利用する分にはいいと思いますが、自転車操業という泥沼にはまる前に家族に相談する勇気も必要です。