キャッシングの審査の際に審査される項目とは?

キャッシングを利用したいと思ったときに審査を受けます。さて、キャッシング会社が審査の際にどんな項目をチェックするのでしょうか。今日は審査される項目のいくつかについて記したいと思います。

まず、審査される項目の一つ目は年齢です。年齢はキャッシング会社にとって重要な項目のひとつです。なぜでしょうか。それは年齢によってその人の置かれている経済状況を判断することができるからです。例えば、20代はまだ働き始めたばかりで、給料の額も少なく審査には不利になってしまいます。30代、40代は働き盛りですが子供がいるとそちらにお金がかかってしまうので、自分で使える自由なお金が少ないと判断されます。逆に、50代などは子育ても終わり、収入もそれなりにある人が多いですので、審査には有利です。

次に審査される項目は勤続年数です。審査に有利な勤続年数はどのようなものなのでしょうか。やはり1つの会社で長く働いている人、とくに公務員で10年以上勤務している人は安定していると判断されますので、非常に有利です。会社を急にリストラされるということもほぼありません。逆に勤続年数が2年未満だと、コロコロ職場を変える人と判断されがちです。つまり経済的には不安定な状態だと判断されてしまいます。もちろん、日雇いのバイトなどの場合には審査は不利になってしまいます。

このように、審査される項目はたくさんあります。その一つ一つに注目することで審査に自分が審査に通りやすいのかをある程度判断することができます。

プロミスならセブンイレブンで返済もキャッシングもできます!
http://smartnavi.org/cashing/