これで安心!キャッシングの返済の仕組み

キャッシングについて不安があるとしたら、それは返済のことではないでしょうか?返済に失敗すると遅延金がかかって支払金額が高くなりますし、滞納の履歴もつきます。そうならないように、基本となるキャッシングの返済の仕組みについてご紹介します。

これの返済は、基本的に月に1回のペースで必要です。毎月固定の返済日が指定されることもありますし、最後の返済日から30日ほどを目安に次の返済をするサービスもあります。どちらになるかは各サービスによりますが、1か月に1回のペースでは返済が必要になるサービスが大半です。

返済額は利用額に応じて決まる仕組みですが、それほど高額にはなりません。たとえば10万円以下の利用額なら、月の返済額は最低でも3~4千円ほどとするサービスがほとんどです。

実際の返済額は現在の利用額に応じて決まる最低額以上なら、いくらでもOKです。返せるのなら一括で利用額を全額返済しても構いません。難しければ最低返済額だけでもOKですし、それにもう少し上乗せした金額を返済してもOKです。

キャッシングの返済の仕組みはこうなっており、気をつけたいのは次の返済日と最低返済額です。期日までに指定金額以上のお金を返せれば、その月の返済は終了です。詳細はインターネットの電子明細などを閲覧できるページに書いてありますから、返済日と必要な金額はその都度確認し、ATMなどで返済してください。

賢く利用すれば便利な存在

キャッシングと聞くと、なんとなく怖いイメージを多くの人がもってしまいがちです。

私もその一人でした。

しかし、人間生きていると、どうしてもお金が必要になることってあり、友人や家族など近い存在の人にこそ、関係を崩したくないのでお金を借してほしいと頼むことができない、頼みにくいものです。

そうした時にこそ、頼りになるのがキャッシングの存在です。

はじめてキャッシングを利用する時には、何かと不安なものです。

そうした際には、大手のキャッシング会社で名前が聞いたことのあるところを利用することをおすすめします。

アルバイトや主婦など、会社員として働いていなくても、安定した収入があればお金を借りることができるので、どうしてもお金が必要な時には、キャッシングはとても心強い味方になってくれます。

キャッシング会社によって、利息が異なってくるので、キャッシング会社を選ぶときにはそういったところも気にして選ぶ必要があります。

申込から契約まで、インターネットがあればできるところもあるので、利用しやすくなっています。

お金がどうしても必要な時に、キャッシングは非常に役立つ存在なので一枚手元にあると、頼りになるのでおすすめです。

銀行カードローンの過剰融資問題は起こったのか

銀行カードローンの過剰融資問題が大きな社会問題になっています。
2016年度の自己破産申請者数がかなり久しぶりに増加したことが報道され、その大きな要因として銀行カードローンが過剰融資をしていることが問題視されたのです。
確かに2010年の貸金業法の改正によって消費者金融などに貸金業者に対して総量規制が導入されて以降は銀行カードローンの融資残高は増える一方であるのはデータを見れば明らかです。

銀行カードローンは銀行法で規制されるために総量規制の対象外となっているので、消費者金融のカードローンの代わりに融資残高が伸びてきたのでしょう。
それに、銀行カードローンの融資の金利は銀行の他の融資商品を比べると圧倒的に高い金利になりますから、銀行カードローンは銀行が儲かることも要因となっています。
それだけではなく、銀行カードローンでは銀行傘下の保証会社の保証を受けなければ利用できないことになっており、銀行は銀行カードローンの融資が焦げ付いたとしても損は被らないということになっています。

そして、ご丁寧にも保証会社はほとんどが消費者金融であるという事実も見逃せません。銀行カードローンは銀行も消費者金融もウィンウィンになっていたのです。

カードローンのメリットは大きいんです

急にお金が必要になることって意外と多くて突然、しかも重なったり、どんなに計画してやりくりしても足りないことってありますよね。

友人や家族、恋人に借りるのはちょっと恥ずかしかったり、心配もかけてしまいます。出来れば誰にも迷惑かけないで対応する方法、なんとなく思うつくのはキャシングやカードローンですが。手続きが大変そうでなんとなくイメージが良くない感じもしますが。最近はとっても簡単でまた便利なもので使い方さえ計画的にできたらメリットがたくさん。

まずは申込みが大変そう…

いいえ、最近ではインターネットで簡単にスピーディーに申込みが出来るようになっていて、仮審査→本審査→借入が数時間も経たないうちに申込みが完了してしまう会社もたくさんあります。これなら明日どうしても必要な時にでもすぐに対応可能で、人に迷惑もかけないで用事が足せます。

しかし他人からお金を借りるわけですから金利という対価は支払わないといけませんよね。でももったいないし次の給料はで返済したいと思えば無金利…という場合もあったりします、これは借入の金融業者によって回数制限があったりしますが、今はお金がないけど明日はある…なんていう場合はただでお金が借りれるというすぐれ物。やり方を考えたらとってもメリットが大きいと思います。

 

勘違いしがちな50代のキャッシング!2度返済が厳しくなるタイミングがある!

キャッシングローンは、若い世代で収入が少ないという状況よりも、50代以上の方の方が返済リスクが高まります。今の世の中、50代になってから教育費や他の出費が増えるケースが少なくはありません。むしろ、40代以下は働き盛りということもあり、契約期間中に年収が上がる可能性があります。

しかし、50代となると役職からは外れ収入が減る時期と定年退職により、さらに収入が減るということが迫っています。結果、返済不能が不足してしまったり、利用限度額の引き下げとなるリスクがあります。そして、より注意しなければならないのが、住宅ローンの様に退職金で返済を考えることです。

万が一、返済不能となった場合、自己破産や個人再生で債務整理を行うと、退職金自体が債権者への返済に充てられてしまい、手元に元気を残せなくなってしまいます。

50代ともなると、若い世代に比べて高額な利用限度額を期待できるものの、返済リスクが高くなるということを認識しておく必要があります。特に子供の進学費用を調達する際は、カードローンやフリーローンの利用は可能な限り避けるのが得策です。

また、ローンを検討する際は、『親子リレー方式』に対応しているものを選ぶなど、定年退職までに生じる収入減少を考慮することが重要になります。