中小企業の消費者金融の無利息期間

大手の消費者金融や、銀行系カードローンの中には無利息期間というようなものを設定してお金を借入してくれるように

中小企業でも実は無利息期間を実施している会社が多少ではあります。

セントラルやベルーナノーティス、ノーローン、フタバといったところではありますが、中小の消費者金融であっても

大手と変わらないようなサービスで対抗してくれるようなものを出してくれます。

こういったものを中小でも打ち出してくるのは、やはり現在の苦しい会社経営をよりよくするためにいろいろと手を出しているのです。

大手ではなかなか借りれなくて、困ったというような時には、中小でも無利息期間を適用しているところもございますので

ほんのちょっとでいいから借りたいときには利用してみるのもいいでしょう。

個人信用情報の誤情報や更新忘れは意外に厄介者?

銀行や消費者金融、クレジット会社や信販会社でローン契約をする場合、必ず個人信用情報機関に契約情報や返済情報そして事故情報が登録されます。これらの情報は常に最新情報に更新されるものの、更新忘れや情報登録の誤りが少なからずあります。自分自身にあまり関係ないと考えてしまうのは将来的なリスクを残してしまいます。つまり、キャッシングローンや目的ローン、クレジットカードの契約に問題が生じます。

特に注意しなければならないのが、中小消費者金融を利用した場合です。銀行や大手消費者金融の場合、利用する個人信用情報機関は2ないしは3つの機関になります。一方、中小消費者金融の中には株式会社日本信用情報機構のみということがあります。

ここで厄介なのは、単一の個人信用情報機関の情報に誤りや更新忘れがあると他の個人信用情報機関の情報にも反映されることです。つまり、登録会員になっている機関の情報しか確認されないということです。しかも、登録情報の反映にも時間がかかるため、他の審査に不利になる可能性が出てしまいます。そのため、完済や解約を行った場合などは速やかに情報開示を行い確認するのが重要です。

個人信用情報の登録情報は会員さか更新や削除が出来ないため、如何に不利となるリスクを回避するかが重要です。

自動契約機 キャッシング

街角やロードサイド、銀行の中に設置されている自動契約機。
誰にも会わずにカードの契約ができるのでとても便利です。
では中の様子、審査状況はどのようになっているのでしょう。

自動契約機に入室すると、まず自動音声が流れ、契約までの流れ、大まかな所要時間がアナウンスされます。
そして契約機のタッチパネルで年齢性別などの簡単な個人情報を入力します。
その後備え付けの用紙に氏名職業年収などの詳しい情報を記入します。
タッチパネルの下に用紙を入れる口があり、そこに入れることになります。
自動契約機の中に書類を読み取るスキャナーがあり、書類を自動契約機とは別途設けられた場所でオペレーターがチェックして審査となります。

読み取って数分した後、室内にある電話機にオペレーターから在籍確認をする旨電話がかかってきます。
オペレーターは契約希望者の勤務先に在籍確認の電話を入れます。
「〇〇いますか~」「あいにく外出中です」程度の簡単なものです。
その後再度電話があり審査結果が報告され融資可能であれば実際の利用方法の説明があって終了です。
ここまで問題がなければ15分程度ですが、高齢の方や他社借り入れのある方だと1時間近くかかることもあるようです。

キャッシングの振り込み融資で即日融資

普通の人がキャッシングを利用する機会があるとすれば、急いでお金が必要なときが多いのではないでしょうか。
給料日まで待てばお金は入るけど、給料日まで遠いのに、事情があって現金が必要になったという状態です。こういう急いでいるときにキャッシングを申し込むならば、即日融資が利用しやすいキャッシングを選ぶのがおすすめです。

即日融資が利用しやすいのは大手の消費者金融ですが、インターネットから申し込みをして銀行振り込みで即日融資を利用するのが便利です。
自動契約機に行く方法もありますが、自宅でインターネットと電話のやり取りだけで完結できますので、外に出なくてもキャッシングの契約ができて便利です。
インターネットからの申し込みで振り込みキャッシングを利用して即日融資で借りるならアコムかプロミスがおすすめです。この2つの会社は夕方以降や土日でも即日振り込みキャッシングが利用できるからです。

アコムなら楽天銀行の口座があれば時間外でもすぐに振り込みされます。プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば時間外でもすぐに振り込みしてもらえます。
それ以外の銀行は時間外のときは翌営業日に入金しますので気をつけてください。

主婦が契約できるキャッシングとは?

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用できませんが、配偶者である夫に安定した収入がある専業主婦は別です。この場合はその夫の収入を元に、配偶者貸付という制度を利用した契約を行うことができます。

しかし、消費者金融ではこの配偶者貸付制度自体を採用していないところがほとんどの為、専業主婦がキャッシングを利用する場合には銀行カードローンを利用することになります。銀行では専業主婦でも夫にきちんと収入があれば30~50万円の限度額で契約が行えること多いです。

ですが、中には本人の収入が不可欠なカードローンもあるので、必ずしもどの銀行でも専業主婦が契約を行えるとは限りません。例えば新生銀行が提供するレイクは現在ではれっきとした銀行カードローンですが、利用するには本人自身に収入が必要になります。レイクには”レディースレイク”という女性向けのカードローンもありますが、これは主に働く女性を応援する為のカードローンとなっており、専業主婦には利用できません。

そして、メガバンクでも専業主婦については対応が分かれており、三菱東京UFJ銀行は自身に収入のない専業主婦でも利用できますが、三井住友銀行やみすほ銀行では原則的にNGとなっています。メガバンク同士でもこのように配偶者貸付制度については扱いが違うので、専業主婦がキャッシングを行いたいと思った時には、まずその銀行カードローンを利用できるかどうかを実際に電話などで聞いてみた方がいいでしょう。