プロミスの無利息サービスが適用されるために申し込みの時にしておく事

プロミスを初めて利用する時は無利息サービスが適用されて借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。プロミスは上限金利が17.8%と高く設定されているので30日間無利息でお金を借りる事が出来るのは大きなメリットになります。しかし無利息サービスが適用されるためには申し込みの時にしておかなければいけない点があります。そこでプロミスの無利息サービスが適用されるために申し込みの時にしておく事を確認していきましょう。

・メールアドレスを登録する

プロミスを初めて利用する時に無利息サービスが適用される条件の中にメールアドレスを登録するという項目があります。メールアドレスを登録しておくと返済日を通知してくれたりするのですごく便利です。申し込みをする時に登録する事が出来るので忘れないようにしましょう。

・Web明細にする

プロミスを初めて利用する時に無利息サービスが適用される条件の中にWeb明細にするという項目があります。Web明細にすると借入残高などの明細をネット上で確認する事が出来るのですごく便利です。申し込みをする時にWeb明細に選択する事が出来るので忘れないようにしましょう。

プロミスの無利息サービスが適用されるために申し込みの時にしておく事はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

中小の消費者金融が大手の消費者金融よりメリットになる2点

中小の消費者金融は大手の消費者金融に比べてデメリットになってしまう点が多いと言われています。中小の消費者金融は上限金利も20%に設定されているので18%で設定されている大手の消費者金融に比べて返済する時の負担がかかってしまいます。しかしメリットになる点もいくつかあるので紹介していく事にしましょう。

・限度額が抑えられえている

大手の消費者金融は限度額が最大で500万円から800万円で設定されている事が多いです。しかし中小の消費者金融は限度額が最大で100万円前後で設定されている事が多いです。多額の借り入れをする事が出来ないのでデメリットに感じてしまいますが、金利が高く設定されているので借り過ぎた時に返済が困難になるのを防ぐ事が出来ます。それで債務整理をしなければいけなくなる事もなくなるのでメリットになります。

・過去の金融事故を起こしている経験があっても利用する事が出来る

大手の消費者金融は信用情報を確認して過去に金融事故を起こしていると審査に落ちてしまいます。しかし中小の消費者金融は柔軟な審査をしてくれるので5年以上前に金融事故を起こしている場合は審査が可決される事が多いです。過去に金融事故を起こした経験がある人は中小の消費者金融の方がメリットになります。

プロミスはスマートフォン一台あればキャッシングできる

最近ではスマートフォンの専用アプリを利用した金融サービスが増加していますが、プロミスではアプリを利用して便利にキャッシングができるサービスの提供をしています。アプリを利用して申込みからキャッシングまでできるサービスをアプリローンというのですが、このローン商品の特徴などについて詳しく解説していきます。

プロミスのアプリローンは、専用アプリを利用して契約申込みなどを行うため、プロミスの店舗へ来店不要かついつでも好きなタイミングで申込みができます。

申込みから融資までの時間は最短で1時間となっていて、契約後にはローンカードが発行されず、アプリ経由で融資の申し込みを行い、セブン銀行のスマホATMを通じてお金を引き出します。

キャッシングの返済方式は契約前の必須確認事項です

同じ金額をキャッシングしても、返済方式が異なるだけで総返済額に大きな違いが生まれてしまいます。例え金利が同じであっても、返済額に違いが生まれれば返済回数が変わることになり、最終的な返済回数が伸びるほど利息額が増えてしまうからです。

最も多くの金融業者で採用されている残高スライドリボルビング方式は、金融業者にとって有利な返済方式と言われています。なぜなら、最小返済額のみを残高に応じて段階的に指定するので、常に返済額のうち元金返済額が一定割合以下に抑えることが出来るからです。

元金返済額を低く抑えられれば、元金の減り方が遅くなるので、結果的に返済回数を最大限に伸ばせます。金利が一定ならば、元金を減らさずに返済回数を伸ばすほど金融業者が受け取れる利息総額が増える仕組みです。