Tag Archives: キャッシング

キャッシングをする時に運転免許証を本人確認書類として提出する人が多い理由は?

キャッシングをする時に本人確認書類を提出する事になります。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなどが適用されますが、運転免許証を提出する人が多いです。そこでなぜキャッシングをする時に運転免許証を本人確認書類として提出する人が多いのか理由を見ていく事にしましょう。

基本的にどの書類を提出しても構いませんが、運転免許証は身分証明だけでなく車を運転する能力がある証明にもなります。それで業者からの地位が高い人と思われてる事が多いです。また運転免許証は顔写真が掲載されているので業者からの信頼度も高くなります。審査の時に有利になる事も多いので運転免許証を本人確認書類として提出する人が多いです。しかし業者によっては審査で有利にならない事もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

キャッシングの返済日は変更も可能です

必ず変更できるとは限りませんが、キャッシングの返済日は変更することも可能です。キャッシングの利用を始めてから返済日を変更したほうが返済が楽になるような場合は、返済日を変更する手続きを取られてみるといいでしょう。返済日の変更手続きは消費者金融によって違いはありますが、多くの消費者金融では自動契約機を使う方法や、お客さまカウンター、郵送などで返済日の変更手続きを受付けています。

もちろんインターネットからでも返済日の変更手続きを申し込むことができます。多くの消費者金融では公式ホームページのマイページ内にある返済日変更申込から変更手続きを受付けています。返済日を変更する際にはそれまでの利息を清算しなければならないこともあるので注意しておきましょう。返済日は変更できるとは限りませんので、変更する場合は可能かどうか電話で問い合わせてみることをおすすめします。

キャッシングの申し込み前には業者の比較をしよう

消費者金融の業者は国内にたくさんありますが、当然のことながら業者ごとに規模やキャッシングサービスの具体的な内容には細かな点で違いがあります。たとえば、キャッシングで借りたお金の返済方法や金利などについては消費者金融の業者によって違いがあります。

ほんのわずかしか差のないように思える金利であっても、その金利の差は最終的なキャッシングの返済総額に影響してくる場合もあるのです。そのため、消費者金融のキャッシングを利用する際にはあらかじめキャッシングの返済方法や金利などに関して自分なりに情報を整理をして比較をすることが大事です。そのうえで自分が有利に利用できると感じられる消費者金融の業者を選ぶようにしましょう。

キャッシングの利息は早期返済で軽減できる

消費者金融のキャッシングの利点は審査がスムーズに行われて即日融資を受けられるところにあります。しかし、手軽にお金を借りられるのはいいのですが、消費者金融のキャッシングは金利が高いというところが難点です。返済時に支払う利息に関してはキャッシングでいくら借りたかによって左右されますが、ある程度のまとまった金額を借りた場合には返済時に支払う利息は決して少ない金額ではありません。

ただし、消費者金融のキャッシングの利息の計算は日割りで行われるので、早期返済を心掛けさえすれば支払う利息の負担を軽減させることができます。消費者金融のキャッシングを利用するにあたってはこのことを念頭においておくようにしましょう。

学生の用途にも応えてくれるキャッシング

大学生などの学生は、学費以外でもサークルでの活動費や交遊費など様々なシーンでお金が必要になってきます。その為、アルバイトなどをするケースがありますがアルバイトの給料日までにお金が必要になった場合には、その資金を何らかの形で調達しておかなければいけません。資金調達の一つの手段として利用出来るのが消費者金融会社などが提供しているキャッシングです。

キャッシングは、消費者金融会社が貸金業法の下で運営している融資サービスであり、法人利用や目的別の融資とは違って個人利用を念頭に置いて作られたものです。その為、学生でもキャッシングを使う事が出来ますので、用途に応じたサービスを提供してくれる消費者金融会社を選択するのが有効です。

キャッシングの申し込みをする為に自動契約機を探すには

近年では、インターネットを使って公式サイトからキャッシングの申し込みをするのが一般的です。しかし、インターネット環境が無いユーザーは、他の方法で申し込みをする必要があります。消費者金融会社では、Web申込みの他にも、郵送や電話や有人店舗、自動契約機での申込みがあります。この中では、直ぐに申込みが出来るのが自動契約機です。自動契約機は、駅周辺や繁華街など様々な場所にある無人店舗の中に設置されています。

自動契約機を使って申込みをするには、予め、本人確認書類を用意して、無人店舗に行きます。最近では、無人店舗に設置されている自動契約機は、タッチパネルの操作を行う事でスムーズに手続きを進められるようになっています。端末は、申込みの仕方をユーザーに順番に説明してくれますので、ユーザーはその指示通りに手続きをしていくだけです。

途中で本人確認書類をスキャンして送る必要があります。本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードなどがあります。端末で申込書のデータを作成して、本人確認書類の画像データと共に審査センターへネット経由で送られ、審査センターで審査が行われます。審査の結果、通過すれば、キャッシングが利用出来るようになります。

キャッシングの返済方式は契約前の必須確認事項です

同じ金額をキャッシングしても、返済方式が異なるだけで総返済額に大きな違いが生まれてしまいます。例え金利が同じであっても、返済額に違いが生まれれば返済回数が変わることになり、最終的な返済回数が伸びるほど利息額が増えてしまうからです。

最も多くの金融業者で採用されている残高スライドリボルビング方式は、金融業者にとって有利な返済方式と言われています。なぜなら、最小返済額のみを残高に応じて段階的に指定するので、常に返済額のうち元金返済額が一定割合以下に抑えることが出来るからです。

元金返済額を低く抑えられれば、元金の減り方が遅くなるので、結果的に返済回数を最大限に伸ばせます。金利が一定ならば、元金を減らさずに返済回数を伸ばすほど金融業者が受け取れる利息総額が増える仕組みです。

自動契約機 キャッシング

街角やロードサイド、銀行の中に設置されている自動契約機。
誰にも会わずにカードの契約ができるのでとても便利です。
では中の様子、審査状況はどのようになっているのでしょう。

自動契約機に入室すると、まず自動音声が流れ、契約までの流れ、大まかな所要時間がアナウンスされます。
そして契約機のタッチパネルで年齢性別などの簡単な個人情報を入力します。
その後備え付けの用紙に氏名職業年収などの詳しい情報を記入します。
タッチパネルの下に用紙を入れる口があり、そこに入れることになります。
自動契約機の中に書類を読み取るスキャナーがあり、書類を自動契約機とは別途設けられた場所でオペレーターがチェックして審査となります。

読み取って数分した後、室内にある電話機にオペレーターから在籍確認をする旨電話がかかってきます。
オペレーターは契約希望者の勤務先に在籍確認の電話を入れます。
「〇〇いますか~」「あいにく外出中です」程度の簡単なものです。
その後再度電話があり審査結果が報告され融資可能であれば実際の利用方法の説明があって終了です。
ここまで問題がなければ15分程度ですが、高齢の方や他社借り入れのある方だと1時間近くかかることもあるようです。

キャッシングの振り込み融資で即日融資

普通の人がキャッシングを利用する機会があるとすれば、急いでお金が必要なときが多いのではないでしょうか。
給料日まで待てばお金は入るけど、給料日まで遠いのに、事情があって現金が必要になったという状態です。こういう急いでいるときにキャッシングを申し込むならば、即日融資が利用しやすいキャッシングを選ぶのがおすすめです。

即日融資が利用しやすいのは大手の消費者金融ですが、インターネットから申し込みをして銀行振り込みで即日融資を利用するのが便利です。
自動契約機に行く方法もありますが、自宅でインターネットと電話のやり取りだけで完結できますので、外に出なくてもキャッシングの契約ができて便利です。
インターネットからの申し込みで振り込みキャッシングを利用して即日融資で借りるならアコムかプロミスがおすすめです。この2つの会社は夕方以降や土日でも即日振り込みキャッシングが利用できるからです。

アコムなら楽天銀行の口座があれば時間外でもすぐに振り込みされます。プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば時間外でもすぐに振り込みしてもらえます。
それ以外の銀行は時間外のときは翌営業日に入金しますので気をつけてください。

主婦が契約できるキャッシングとは?

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用できませんが、配偶者である夫に安定した収入がある専業主婦は別です。この場合はその夫の収入を元に、配偶者貸付という制度を利用した契約を行うことができます。

しかし、消費者金融ではこの配偶者貸付制度自体を採用していないところがほとんどの為、専業主婦がキャッシングを利用する場合には銀行カードローンを利用することになります。銀行では専業主婦でも夫にきちんと収入があれば30~50万円の限度額で契約が行えること多いです。

ですが、中には本人の収入が不可欠なカードローンもあるので、必ずしもどの銀行でも専業主婦が契約を行えるとは限りません。例えば新生銀行が提供するレイクは現在ではれっきとした銀行カードローンですが、利用するには本人自身に収入が必要になります。レイクには”レディースレイク”という女性向けのカードローンもありますが、これは主に働く女性を応援する為のカードローンとなっており、専業主婦には利用できません。

そして、メガバンクでも専業主婦については対応が分かれており、三菱東京UFJ銀行は自身に収入のない専業主婦でも利用できますが、三井住友銀行やみすほ銀行では原則的にNGとなっています。メガバンク同士でもこのように配偶者貸付制度については扱いが違うので、専業主婦がキャッシングを行いたいと思った時には、まずその銀行カードローンを利用できるかどうかを実際に電話などで聞いてみた方がいいでしょう。