Tag Archives: 主婦

主婦や学生はキャッシングが可能なの?

消費者金融によってそれぞれ審査方法は異なりますが、ほとんどの場合主婦や学生でもキャッシングを申し込むことは可能です。

ただあくまでもある一定の収入があればということです。

専業主婦やアルバイトをしていない学生はまず借り入れをすることはできません。

なぜかというと年収の3分の1以上の借り入れがある人は、それ以上の借り入れができないようになっており、これは総量規制法という法律で定められております。

ですので、もともと収入がない方は必然的に借り入れをすることはできない仕組みになっております。

ただ例外として専業主婦でも配偶者貸付といって夫婦の年収を合算して、二人分の年収の3分の1までお金を借りられるという仕組みもあります。

これには夫の同意も必要になりますが例外措置として認められているので専業主婦で借り入れを検討されている方はこれに対応してる消費者金融を探し申し込んでみてください。

主婦が契約できるキャッシングとは?

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用できませんが、配偶者である夫に安定した収入がある専業主婦は別です。この場合はその夫の収入を元に、配偶者貸付という制度を利用した契約を行うことができます。

しかし、消費者金融ではこの配偶者貸付制度自体を採用していないところがほとんどの為、専業主婦がキャッシングを利用する場合には銀行カードローンを利用することになります。銀行では専業主婦でも夫にきちんと収入があれば30~50万円の限度額で契約が行えること多いです。

ですが、中には本人の収入が不可欠なカードローンもあるので、必ずしもどの銀行でも専業主婦が契約を行えるとは限りません。例えば新生銀行が提供するレイクは現在ではれっきとした銀行カードローンですが、利用するには本人自身に収入が必要になります。レイクには”レディースレイク”という女性向けのカードローンもありますが、これは主に働く女性を応援する為のカードローンとなっており、専業主婦には利用できません。

そして、メガバンクでも専業主婦については対応が分かれており、三菱東京UFJ銀行は自身に収入のない専業主婦でも利用できますが、三井住友銀行やみすほ銀行では原則的にNGとなっています。メガバンク同士でもこのように配偶者貸付制度については扱いが違うので、専業主婦がキャッシングを行いたいと思った時には、まずその銀行カードローンを利用できるかどうかを実際に電話などで聞いてみた方がいいでしょう。

キャッシングは主婦でも出来ます

主婦というのはなかなかキャッシングサービスを受けることができない、というのは仕方ないことです。そんなに返済能力がないからです。しかし、不可能ではありませんから、それは心配することはないです。さすがに専業主婦となりますと難しいことが多いのですが、例えばパートでもしているのであれば主婦でもキャッシングは十分に可能であるといえるでしょう。まずはそれをよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。また、どの業者にするのか、ということも大事になります。それに配偶者貸付、という手段があることもよく知っておきましょう。

主婦であるからキャッシングが不可能、というわけではないのです。但し、さすがに極端に高額というのはなかなか厳しいことになるでしょう。どうしても返済能力的に高い評価を受けることができないからです。ですから、まずは自分がいくらまで借りることができるのか、ということをよく知っておきましょう。事前に申し込んでおき、そして少しでも金利が低いところを見つけておきましょう。事前にカードを発行してもらっておきますといざというときに非常に助かるサービスとして活用できるようになるのは確かなことであるといえるでしょう。

主婦がキャッシングする理由、それは夫に言えないものなのか?

キャッシングをするという事は、理由は何にせよお金が足りないという事でしょうか。

老若男女問わずキャッシングをしている人は多いと思いますが、返済能力がない人には消費者金融も融資はしないはずです。でもキャッシングはクレジットカードにキャッシング枠さえあれば、例えその時に無職であってもお金を借りれます。働いていない主婦でもクレジットカードさえあればお金を借りれるという事です。

また、審査の必要な消費者金融でも、夫の年収や勤務先次第で融資は可能でもあります。家計の管理は各家庭によりけりですが、妻に家計を任せているという夫婦であれば、返済は夫の給料からしていけばいいわけです。夫が稼いだお金でという意見もありますが、夫婦であればそれは共有財産になるわけですから、家計をうまくやりくりして返済していけばいいのではないかと思います。

主婦がキャッシングする理由として、生活費が足りないというケースが多くあげられます。それを夫に言えず、賞与や次の給与などで補てんすればいいやという、最初は軽い気持ちでキャッシングする人が多いようです。足りない事を相談すればよいのだと思いますが、家計を任されたいじょうなかなか言い出せなくてという人もいるようです。

また、お金の管理能力がないと思われる事が嫌なのかもしれません。貯蓄をしつつ、家計の範囲でうまくキャッシングを利用する分にはいいと思いますが、自転車操業という泥沼にはまる前に家族に相談する勇気も必要です。

主婦の方でも通るキャッシングの審査

多くの人がキャッシングに対して思っていることとして、無職の場合には審査が通らないのでは?ということがあります。もちろん、キャッシングの申し込みの時には会社の所在地から、年間の収入まで詳細に記載する必要があります。なので、無職ですと申告をして高額な融資希望をすると審査に通らないというのは当たり前なのですが、しかしながら、仕事をしていない方でも申し込みができることもあります。

それが主婦の方のキャッシングの申し込みです。主婦の方は家のことをするのがお仕事ですが、キャッシング会社の審査では無職という扱いになります。しかし、旦那さんが仕事をしていて収入を安定して手に入れている方であれば、主婦の方でも問題なくキャッシングの審査に通ります。

その際には、旦那さんの収入を証明する資料を提出すれば大丈夫です。一般的には源泉徴収票のコピーを出すことになります。一年以上働いていることで、年収の額が安定しますので、もし旦那さんが転職をしたばかりだったりして、年収の額が少ないという場合でしたら、申し込みをするタイミングをずらして収入が安定してから行うのも審査に通りやすくするコツです。また、パートタイマーとしてお仕事を主婦の方がしていても、審査が通る確率が高まります。

主婦で消費者金融系キャッシングを受ける為に必要な事

主婦で消費者金融系のキャッシングを希望する場合、専業主婦か兼業主婦かでその難易度は大きく異なります。

まず、比較的容易なケースである兼業主婦の方について見て行きましょう。兼業主婦は男性と比べてパートやアルバイト等様々な雇用形態を取っている点が特徴です。その為、雇用形態を不安視してキャッシングの審査通過を危惧する方も珍しくありません。

ですが、キャッシングの審査を受けるにあたって、雇用形態を理由に諦めるのは些か早計だと言わざるを得ません。銀行系は別として消費者金融系のキャッシングであれば、パートやアルバイトであっても十分に審査に通過するチャンスはあります。特に消費者金融の審査は、収入の大小より安定性を重視する点が特徴です。したがって、主婦のパートやアルバイトであっても勤務実績が長い方は、審査に通過する可能性はより高くなると言えるでしょう。

続いて見て行きたい点が、専業主婦での融資を希望するケースです。こちらは本人名義の安定収入がない上に総量規制による制限が加わる為、そのまま消費者金融の審査を受けても融資を受けられる可能性はゼロだと言えます。

ここで注意したい点が、配偶者貸付を実施している消費者金融の存在です。配偶者貸付は夫とご自身の収入を同一のものと扱って融資を行う制度ですが、対応している消費者金融ならば主婦であっても融資を受ける事が可能です。全ての消費者金融が対応しているわけではありませんが、対応してくれる消費者金融ならば十分に融資の可能性はあると言えます。

キャッシングは主婦でも借り入れことができるのか。

キャッシングはお金が必要なときに迅速に融資してくれる便利なサービスです。そのため、現在では多くの人が利用しています。しかし、実際に利用する際に不安を感じるのは実際に審査に通るだろうかということです。今日はもし主婦の人がキャッシングを利用することを考えている場合に、果たして審査に通るのかどうかということについて記したいと思います。

実際に主婦でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。実は専業主婦の場合には残念ながらキャッシングを利用することは難しいと言えます。なぜでしょうか。それはキャッシングには総量規制があるからです。この総量規制とは年収の三分の一までキャッシング会社は融資ができるというものです。それで、専業主婦の場合には年収がゼロなので、キャッシングを利用することはできないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。やはり収入を得ることが重要です。ですので、アルバイトやパートでも良いので毎月安定した収入を得ることがどうしても必要です。よく正社員でなければ審査には通らないと考えている人がいますが、条件によってはアルバイトやパートでも借り入れることが可能です。例えば、長年同じ会社で働いている、そして毎月安定した収入があると、キャッシング会社は信頼できる人と判断し、アルバイトやパートでも審査を通してくれる可能性があります。

それで主婦でもぜひ簡単にあきらめないで、自分の条件を分析して、申し込んでほしいと思います。

主婦がキャッシングをするときの注意点や気になる事とは

キャッシングは、2010年の法律改正によってキャッシング事情は、変化しました。銀行や消費者金融の業者が主婦に対しての貸付について3つのスタイルで執り行っています。

1、収入が無い主婦に対しての融資は不可能とする

2、収入がない主婦に対して、配偶者に収入があり、尚且つ配偶者からの同意が得られている場合にのみ融資可能とする

3、収入がない主婦に対しての融資も可能とする(配偶者の同意はふようとする)

もちろんですが、収入がある主婦はもちろん融資可能です。

主婦がキャッシングをする場合の注意点としては、高額の借り入れは難しいという点です。主婦向けに設定されている限度額については、30万~50万程度でほとんどが30万円以下です。

主婦向けの融資は、例えば、主婦に収入がある場合でも同様で審査が通るかどうかは未知数です。必ず借りられるとは言い難いという事です。

主婦が高額の融資を期待していると、必要なお金が手元にないという状況もあり得ます。高額な融資を期待しない方が良いです。

キャッシングをするときに、消費者金融の窓口には行きにくいと感じている主婦の方も多いようです。知り合いに見られたくないなどの理由です。キャッシングの場合インターネットからの申し込みと口座振り込みが可能な業者を利用すると良いです。自宅で申し込みをして契約をし、自分の銀行口座から引き落とすだけですから簡単にキャッシングはできてしまいます。

住宅ローンの審査に影響してしまうだろうか?と不安を抱えている方も多いようですが、夫の名義で住宅ローンを組まれれば、影響はありません。夫婦連名での名義にするとなると、妻のローン情報が影響します。

実際に審査をしてみないと分からないですが、返済遅れやキャッシング業者の数が多いと審査では不利になる可能性があります。返済中のものはできるだけ完済した後に、住宅ローンの申し込みをする事が理想的です。

また、過去の利用歴を気にする方もいますが、きちんと返済期限を守り返済済であれば影響はほぼありません。

主婦層のキャッシング注意点

キャッシングは担保などの必要なくお金を借りることができるため、資産のあまりない人でも利用することができます。そのため、主婦層にも一定の利用者がいるのも事実です。

しかし、必ずしもどこの金融機関に申し込んでも主婦がお金を借りられるわけではありません。金融機関についてや規制の情報、体験談をもとにしっかりと審査に応じてもらえそうなところを選ばなければ、信用情報に無駄な傷をつけることにもなりかねないので注意することは不可欠です。

まず注意しないといけないのが総量規制の問題です。総量規制はその人の年収の三分の一を超えてお金を借りることはできないというものです。例外事項は幾つかあるものの、消費者金融からのキャッシングはこの規制の対象となります。

当人の収入の有無という点で言えば、例えば専業主婦には一切収入はありませんので借り入れ自体ができません。パートであっても扶養対象範囲内であれば多く見積もっても三十万円強しか限度額が設定されないということになりますので、本当に使いたい用途に沿うのかどうか考えなくてはなりません。

ただし銀行からのカードローンでの借り入れであれば総量規制対象とはなりません。そのため旦那の収入も含めての審査結果で年収の三分の一以上借りれたり、専業主婦でも借りることが可能です。

こうした条件があるためにまずは主婦層がやるキャッシングの場合は事前に直接問い合わせをしたほうが着実だと思います。