Tag Archives: 消費者金融

大手消費者金融はほとんどが銀行傘下なのに、なぜ銀行との差があったり、わざわざ分けて運営している?

大手消費者金融は総量規制や過払い金の影響によってそのほとんどが銀行系の傘下か銀行そのものが直接管理をしているような状況です。

そうであるにもかかわらず、銀行系カードローンと同じようなサービス内容になっておらず、別々で管理しているような状況です。

なぜ、消費者金融は銀行系カードローンとは差があるようになっているのでしょうか?

まず、大きな理由としては、銀行では扱えないような属性の人に対して借入ができるような窓口を設けたいからです。

そういう様なことをすることによって、銀行では普段は扱えないような人であったとしても収益の対称にする期間を設けることによって

そこからの収益を得ることを狙っているのです。

また、消費者金融を獲得した際に、消費者金融が有している顧客などの情報やノウハウを銀行にも生かせるようにしている部分もあります。

後は、部門を分けることによって、銀行で行うようなことを消費者金融に任せることによって、銀行の人と消費者金融とのノウハウの違いによる

業務の支障を避けることによって、業務の効率化を図っているのであります。

これらのような理由により、銀行と消費者金融はある種のすみわけ的なことを行っているのであります。

中小の消費者金融が大手の消費者金融よりメリットになる2点

中小の消費者金融は大手の消費者金融に比べてデメリットになってしまう点が多いと言われています。中小の消費者金融は上限金利も20%に設定されているので18%で設定されている大手の消費者金融に比べて返済する時の負担がかかってしまいます。しかしメリットになる点もいくつかあるので紹介していく事にしましょう。

・限度額が抑えられえている

大手の消費者金融は限度額が最大で500万円から800万円で設定されている事が多いです。しかし中小の消費者金融は限度額が最大で100万円前後で設定されている事が多いです。多額の借り入れをする事が出来ないのでデメリットに感じてしまいますが、金利が高く設定されているので借り過ぎた時に返済が困難になるのを防ぐ事が出来ます。それで債務整理をしなければいけなくなる事もなくなるのでメリットになります。

・過去の金融事故を起こしている経験があっても利用する事が出来る

大手の消費者金融は信用情報を確認して過去に金融事故を起こしていると審査に落ちてしまいます。しかし中小の消費者金融は柔軟な審査をしてくれるので5年以上前に金融事故を起こしている場合は審査が可決される事が多いです。過去に金融事故を起こした経験がある人は中小の消費者金融の方がメリットになります。

中小企業の消費者金融の無利息期間

大手の消費者金融や、銀行系カードローンの中には無利息期間というようなものを設定してお金を借入してくれるように

中小企業でも実は無利息期間を実施している会社が多少ではあります。

セントラルやベルーナノーティス、ノーローン、フタバといったところではありますが、中小の消費者金融であっても

大手と変わらないようなサービスで対抗してくれるようなものを出してくれます。

こういったものを中小でも打ち出してくるのは、やはり現在の苦しい会社経営をよりよくするためにいろいろと手を出しているのです。

大手ではなかなか借りれなくて、困ったというような時には、中小でも無利息期間を適用しているところもございますので

ほんのちょっとでいいから借りたいときには利用してみるのもいいでしょう。

消費者金融は利便性が高い

消費者金融のキャッシングに申し込んでみたところ無事に審査に通り、希望していた額のお金も借りることができました。

パートで働いているので私にとってお金を借りられるところと言えば消費者金融しかなかったので審査に通ったときは本当に助かったと思いました。パートでは銀行からお金をかりることはまず不可能だと思います。いまではクレジットカードでもキャッシングはできますがクレジットカードを持っていない私にはどうしようもありません。

消費者金融はパートであれアルバイトであれ安定した収入があれ誰に対してもお金を貸してくれる可能性があるので本当に有難い存在だと改めて思ってしまいました。消費者金融の良いところは誰でもお金が借りられるというだけではなく利便性も高いところだと思います。

今回、消費者金融のキャッシングに申し込んでみて判ったのですが申し込みから審査、そして私の口座にお金が振り込まれるまでが本当にスピーディーでした。申し込みもスマートフォンのアプリを使い手続きができて、実際にあるお店にも無人店舗にも行く手間が省けてとても便利だと感じました。

借りたお金も提携している銀行のATMやコンビニのATMが利用できるので簡単です。これからも必要になったらキャッシングを利用したいので借りたお金は遅滞しないよう返済していこうと思っています。

主婦で消費者金融系キャッシングを受ける為に必要な事

主婦で消費者金融系のキャッシングを希望する場合、専業主婦か兼業主婦かでその難易度は大きく異なります。

まず、比較的容易なケースである兼業主婦の方について見て行きましょう。兼業主婦は男性と比べてパートやアルバイト等様々な雇用形態を取っている点が特徴です。その為、雇用形態を不安視してキャッシングの審査通過を危惧する方も珍しくありません。

ですが、キャッシングの審査を受けるにあたって、雇用形態を理由に諦めるのは些か早計だと言わざるを得ません。銀行系は別として消費者金融系のキャッシングであれば、パートやアルバイトであっても十分に審査に通過するチャンスはあります。特に消費者金融の審査は、収入の大小より安定性を重視する点が特徴です。したがって、主婦のパートやアルバイトであっても勤務実績が長い方は、審査に通過する可能性はより高くなると言えるでしょう。

続いて見て行きたい点が、専業主婦での融資を希望するケースです。こちらは本人名義の安定収入がない上に総量規制による制限が加わる為、そのまま消費者金融の審査を受けても融資を受けられる可能性はゼロだと言えます。

ここで注意したい点が、配偶者貸付を実施している消費者金融の存在です。配偶者貸付は夫とご自身の収入を同一のものと扱って融資を行う制度ですが、対応している消費者金融ならば主婦であっても融資を受ける事が可能です。全ての消費者金融が対応しているわけではありませんが、対応してくれる消費者金融ならば十分に融資の可能性はあると言えます。

主婦がキャッシングをするときの注意点や気になる事とは

キャッシングは、2010年の法律改正によってキャッシング事情は、変化しました。銀行や消費者金融の業者が主婦に対しての貸付について3つのスタイルで執り行っています。

1、収入が無い主婦に対しての融資は不可能とする

2、収入がない主婦に対して、配偶者に収入があり、尚且つ配偶者からの同意が得られている場合にのみ融資可能とする

3、収入がない主婦に対しての融資も可能とする(配偶者の同意はふようとする)

もちろんですが、収入がある主婦はもちろん融資可能です。

主婦がキャッシングをする場合の注意点としては、高額の借り入れは難しいという点です。主婦向けに設定されている限度額については、30万~50万程度でほとんどが30万円以下です。

主婦向けの融資は、例えば、主婦に収入がある場合でも同様で審査が通るかどうかは未知数です。必ず借りられるとは言い難いという事です。

主婦が高額の融資を期待していると、必要なお金が手元にないという状況もあり得ます。高額な融資を期待しない方が良いです。

キャッシングをするときに、消費者金融の窓口には行きにくいと感じている主婦の方も多いようです。知り合いに見られたくないなどの理由です。キャッシングの場合インターネットからの申し込みと口座振り込みが可能な業者を利用すると良いです。自宅で申し込みをして契約をし、自分の銀行口座から引き落とすだけですから簡単にキャッシングはできてしまいます。

住宅ローンの審査に影響してしまうだろうか?と不安を抱えている方も多いようですが、夫の名義で住宅ローンを組まれれば、影響はありません。夫婦連名での名義にするとなると、妻のローン情報が影響します。

実際に審査をしてみないと分からないですが、返済遅れやキャッシング業者の数が多いと審査では不利になる可能性があります。返済中のものはできるだけ完済した後に、住宅ローンの申し込みをする事が理想的です。

また、過去の利用歴を気にする方もいますが、きちんと返済期限を守り返済済であれば影響はほぼありません。