Tag Archives: 銀行

大手消費者金融はほとんどが銀行傘下なのに、なぜ銀行との差があったり、わざわざ分けて運営している?

大手消費者金融は総量規制や過払い金の影響によってそのほとんどが銀行系の傘下か銀行そのものが直接管理をしているような状況です。

そうであるにもかかわらず、銀行系カードローンと同じようなサービス内容になっておらず、別々で管理しているような状況です。

なぜ、消費者金融は銀行系カードローンとは差があるようになっているのでしょうか?

まず、大きな理由としては、銀行では扱えないような属性の人に対して借入ができるような窓口を設けたいからです。

そういう様なことをすることによって、銀行では普段は扱えないような人であったとしても収益の対称にする期間を設けることによって

そこからの収益を得ることを狙っているのです。

また、消費者金融を獲得した際に、消費者金融が有している顧客などの情報やノウハウを銀行にも生かせるようにしている部分もあります。

後は、部門を分けることによって、銀行で行うようなことを消費者金融に任せることによって、銀行の人と消費者金融とのノウハウの違いによる

業務の支障を避けることによって、業務の効率化を図っているのであります。

これらのような理由により、銀行と消費者金融はある種のすみわけ的なことを行っているのであります。

銀行カードローンの過剰融資問題は起こったのか

銀行カードローンの過剰融資問題が大きな社会問題になっています。
2016年度の自己破産申請者数がかなり久しぶりに増加したことが報道され、その大きな要因として銀行カードローンが過剰融資をしていることが問題視されたのです。
確かに2010年の貸金業法の改正によって消費者金融などに貸金業者に対して総量規制が導入されて以降は銀行カードローンの融資残高は増える一方であるのはデータを見れば明らかです。

銀行カードローンは銀行法で規制されるために総量規制の対象外となっているので、消費者金融のカードローンの代わりに融資残高が伸びてきたのでしょう。
それに、銀行カードローンの融資の金利は銀行の他の融資商品を比べると圧倒的に高い金利になりますから、銀行カードローンは銀行が儲かることも要因となっています。
それだけではなく、銀行カードローンでは銀行傘下の保証会社の保証を受けなければ利用できないことになっており、銀行は銀行カードローンの融資が焦げ付いたとしても損は被らないということになっています。

そして、ご丁寧にも保証会社はほとんどが消費者金融であるという事実も見逃せません。銀行カードローンは銀行も消費者金融もウィンウィンになっていたのです。