楽天ローンは他の銀行ローンと違いはあるのか

楽天ローンは、楽天銀行が提供するローンサービスです。楽天ローンの金利は1.9%から14.8%で利用限度額800万円と他の銀行とはそんなに大差がありません。では、楽天ローンはなにが特徴なのでしょうか。

楽天ローンの特徴は「携帯やスマホ、パソコンで24時間借入、返済が可能」なことです。楽天銀行の口座開設していればカードローンの借入、返済が24時間いつでも可能になります。例えば、夜中に急なお金が必要になったとしても、インターネットからお金の振り込み申し込めば、自分の楽天銀行の口座へ即座に反映してくれます。しかも、提携ATMでの借入や返済の手数料も無料で利用できるところは他社の銀行にはない最大の強みです。

主婦や学生はキャッシングが可能なの?

消費者金融によってそれぞれ審査方法は異なりますが、ほとんどの場合主婦や学生でもキャッシングを申し込むことは可能です。

ただあくまでもある一定の収入があればということです。

専業主婦やアルバイトをしていない学生はまず借り入れをすることはできません。

なぜかというと年収の3分の1以上の借り入れがある人は、それ以上の借り入れができないようになっており、これは総量規制法という法律で定められております。

ですので、もともと収入がない方は必然的に借り入れをすることはできない仕組みになっております。

ただ例外として専業主婦でも配偶者貸付といって夫婦の年収を合算して、二人分の年収の3分の1までお金を借りられるという仕組みもあります。

これには夫の同意も必要になりますが例外措置として認められているので専業主婦で借り入れを検討されている方はこれに対応してる消費者金融を探し申し込んでみてください。

奨学金の返済遅延は3ヶ月以上の延滞以外で登録されるだけがデメリットではない!

長い不況、そして物価上昇に対して給与アップが追い付かず、進学のため奨学金を利用する学生は少なくはありません。

そして、就職が決まらない、就職した者の給与は少なく、返済が滞るケースがあり、最終的には債務整理に行きつくこともあります。

その結果、奨学金の返済に関し、3ヶ月以上の延滞があると個人信用情報に延滞記録が登録され、債権回収会社に債権譲渡されることで譲渡記録が5年間残る状況になっています。

ですが、奨学金はこれらのデメリットだけではなく、滞納が発生した時点で日本学生支援機構以外からの借り入れ情報も入手するということになっています。

そして、多重債務と判断された場合、即時に法的処理に移ると明言されており、クレジットカードやカードローンよりも対応が厳しくなっているのが実態です。

特に学生時代から学生ローンを利用し残高が残っている、就職後新たにカードローン契約している場合には非常にリスクが高い状況となっているため、不要なカードローンやキャッシング契約は避ける必要があります。

プロミスはカードレスでも利用できます

プロミスのカードは青色で、SMBC CONSUMER FINANCEと書かれています。プロミスとは通称で、現在の正式名称はSMBC CONSUMER FINANCEと言うのです。ですからこのカードを見ただけでプロミスのカードだと分かる人は、プロミスと契約している人でしょう。つまりプロミスカードを財布に入れていても、プロミスと契約しているとばれる可能性は低いです。

それでも心配な人は、プロミスではカードレスでも契約できます。その方法は、WEB完結申し込みというインターネット経由の申し込み手続きで行います。ちなみに公式サイトの「フル入力でお申し込み」から申し込むと、完全にWEB完結の申し込みが可能です。なお返済は原則口座振替で、借入は振込み融資で行い原則平日14時50分に振込み申請した場合のみ当日に振込みされる仕組みです。

アイフルのファーストプレミアムカードローン

ここからご記入ください。初めてカードローンと契約される方は、テレビCMでお馴染みの消費者金融が安心です。中でもアイフルには、テレビCMではやっていないファーストプレミアムカードローンという特別な商品があります。非常に低金利のため審査は厳しめですが、こちらに落ちても通常のカードローンには通る可能性は高いので、ダメ元で申し込むのもアリです。

アイフルのファーストプレミアムカードローンの基本スペックは、融資限度額が100万円~500万円、金利は年4.5~9.5%です。こちらも総量規制の対象となるために、最低年収300万円以上ないと申し込めません。また初めてアイフルと契約される年齢が満23歳以上59歳以下の方と、通常のカードローンよりも申し込みみ条件が厳しめです。しかし最大30日間の無利息サービスはありますし、即日融資も可能ですから利便性は高いです。

カードローンは生活費の補填のため?

現在融資限度額が最も高いカードローンは、住信SBIネット銀行のMR.カードローンの1200万円です。この際の金利は驚異の年0.99%です。

しかし本当に1200万円も借りられる人が存在するのかは疑問です。なぜなら年収は3,4000万円は必要でしょうし、そもそもそれほど高い年収の方はカードを契約するのでしょうか?

ちょっと前の調査ですがジャパンネット銀行によると、年収800万円以上の世帯で約32%がカードローンを契約しています。その内訳は生活費のためというよりも、娯楽・交際費として借入するとのことです。ですからカードローンは生活費の補填の他、遊びのために使っている方が意外と多いことが分かります。

借り換えをすれば返済の負担が減る

キャッシングをする前に知っておいたほうが良いのは、借り換えをするタイミングについてです。

借り換えをすることで得することができるので借り換えをする方法を知っておいて損はないです。

消費者金融の中にはキャンペーンを行っている業者がいろいろあります。

そのため、キャンペーンをしている業者に借り換えをすることで金利を低くすることができます。

借り換えをしたい人は素早くした方がいいです。

もたもたしていると消費者金融のしているキャンペーンが終わってしまうリスクがあります。

借り換えをする方法を知っていればスムーズに借り換えができます。

一時的に金利が下がっている業者へ借り換えをすれば返済の負担を減らすことが可能です。

「本人確認」は安心と安全の証です

キャッシングの「本人確認」と言うと、拒否感を覚える方も少なくないはずです。

確かに、会社に電話がかかってくるとなるといい気持ちはしないものです。

ただ現実には、お金に絡む話には、もっと嫌な電話というのもつきものです。

知り合いの会社が夜逃げしてしまった、知らないうちに保証人にされて大変なことになるというのはドラマなどでも定番ですね。

一方、実際にキャッシングを利用している方からは、そうした悲惨な話が出てくることは通常ありません。

これは、キャッシングが無担保で行われているからです。保証人をつけずともお金を貸してくれる、もし何かあっても他の人に取り立てには行かないという姿勢が基本なのです。

だからこそ本人確認が大切になるわけですね。

本人確認は疎ましいと感じられる手続きでもありますが、安心安全を保証するが故のものでもあります。

恐れ過ぎずに臨むのが良いでしょう。

キャッシングの申し込みをする為に自動契約機を探すには

近年では、インターネットを使って公式サイトからキャッシングの申し込みをするのが一般的です。しかし、インターネット環境が無いユーザーは、他の方法で申し込みをする必要があります。消費者金融会社では、Web申込みの他にも、郵送や電話や有人店舗、自動契約機での申込みがあります。この中では、直ぐに申込みが出来るのが自動契約機です。自動契約機は、駅周辺や繁華街など様々な場所にある無人店舗の中に設置されています。

自動契約機を使って申込みをするには、予め、本人確認書類を用意して、無人店舗に行きます。最近では、無人店舗に設置されている自動契約機は、タッチパネルの操作を行う事でスムーズに手続きを進められるようになっています。端末は、申込みの仕方をユーザーに順番に説明してくれますので、ユーザーはその指示通りに手続きをしていくだけです。

途中で本人確認書類をスキャンして送る必要があります。本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードなどがあります。端末で申込書のデータを作成して、本人確認書類の画像データと共に審査センターへネット経由で送られ、審査センターで審査が行われます。審査の結果、通過すれば、キャッシングが利用出来るようになります。

月々の返済が不安な方はリボルビング払いができるカードローンがおすすめ

どこからかお金を借りた場合、必ず利息を支払わなくてはなりません。特に消費者金融のキャッシングでお金を借りたときには支払う利息もかなりの金額となってしまうので月々の返済が重荷に感じてしまうことも珍しくはありません。人によっては返済を続けていくのが困難な状況に陥ってしまうこともあります。

そのようなときには利息のほかにも遅延損害金も請求されることになるのでさらに月々の返済が重くのしかかってくることになります。そのため、キャッシングよりも多少審査などが厳しいですが、月々の返済が不安だという方は銀行のカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

銀行のカードローンでは月々の返済はリボルビング払いなので、常に返済額が一定しており重荷に感じることなく返済を続けていくことができるからです。