学生の用途にも応えてくれるキャッシング

大学生などの学生は、学費以外でもサークルでの活動費や交遊費など様々なシーンでお金が必要になってきます。その為、アルバイトなどをするケースがありますがアルバイトの給料日までにお金が必要になった場合には、その資金を何らかの形で調達しておかなければいけません。資金調達の一つの手段として利用出来るのが消費者金融会社などが提供しているキャッシングです。

キャッシングは、消費者金融会社が貸金業法の下で運営している融資サービスであり、法人利用や目的別の融資とは違って個人利用を念頭に置いて作られたものです。その為、学生でもキャッシングを使う事が出来ますので、用途に応じたサービスを提供してくれる消費者金融会社を選択するのが有効です。

楽々返済できる三井住友銀行カードローン

昨日テレビを見ていると、久しぶりに三井住友銀行カードローンのCMの新バージョンを見ました。現在銀行カードローンは様々な自主規制により大々的に宣伝すらできなくなっていますが、深夜番組の時間帯なら大丈夫のようです。

カードローンに疎い方はご存知ないでしょうが、現在銀行カードローンは即日審査・即日融資が禁止となり融資までに最短で2営業日かかるようになっています。

さらに三井住友銀行の口座をお持ちなら昨年まで本人確認書類の提出は不要でしたが、現在は全員が提出する必要があります。それでも10万円未満の借入なら月2000円の返済でOKで、楽々返済できるのです。金利も年14.5%と消費者金融よりかなり低いので、カードローンをお得に利用したいという願望を叶えてくれるでしょう。

そもそも即日融資が必要な場合ってどんな時?

最近銀行カードローンの即日融資が廃止されたことが話題となっていますが、そもそも即日融資が必要な場合ってどんな時なのでしょうか?まず思い付くのは返済期日に返済の目処が付かず、やむを得ず他社から借り入れる場合です。しかしそのような方は遅かれ早かれ破綻することは目に見えています。

メガバンクや一部のネットバンクでは低金利な上、即日融資が受けられることがウリでした。それが融資までに最低でも2営業日かかるようになりましたが、ほとんどの方は影響ないでしょう。融資スピードよりも金利やキャンペーンなどの利点でカードローンを比較できるようになり、本当に自分に適したカードローンかどうか判断するいい機会となったのだと思われます。

夜の時間に即日キャッシングをしたければ自動契約機を利用しよう

お店にちょうど欲しいものが売っていたり、友人や会社の同僚から当日飲み会に誘われたりするなど、急な出費を要するケースも少なくありません。このような状況でお金がない場合、消費者金融を利用して即日キャッシングをしようと考える人もいるのではないでしょうか。

即日キャッシングをする方法として、振込と自動契約機を利用する方法があります。もし、夜の時間に即日キャッシングをしたいと考えているのであれば、後者の方法を利用して手続きしたほうがよいでしょう。振込による即日キャッシングの場合、その日の14時頃までに手続きを終了させなければなりません。そのため、普段仕事をしている人にとってはなかなか手続きするのが難しいです。一方、自動契約機であれば、21時から22時くらいまで手続きできます。そのため、仕事が終わった後でも即日キャッシングをすることができるのです。

銀行カードローンの申し込みの際には自動融資機能の契約は慎重に!

銀行カードローンは、ATMからの借り入れおよび返済だけでなく、自動融資機能が設定されていることがあります。この機能は、口座残高が不足した場合、引き落とし不能となること防いでくれるというメリットがあります。しかし、自動融資機能は知らず知らずのうちに利用されてしまうため、無駄に利息を発生させてしまう要因となります。

水道光熱費などの引き落とし不能であれば、個人信用情報にも影響が無いため、自動融資によるメリットはほとんどないと言え、利用するのであれば金融事故となってしまう支払いがある場合の方がメリットとなります。ですが、自動融資機能を契約している方は無駄に利息を支払わないよう知らないうちに融資を受けていないか定期的にチェックするのが重要です。

楽天ローンは他の銀行ローンと違いはあるのか

楽天ローンは、楽天銀行が提供するローンサービスです。楽天ローンの金利は1.9%から14.8%で利用限度額800万円と他の銀行とはそんなに大差がありません。では、楽天ローンはなにが特徴なのでしょうか。

楽天ローンの特徴は「携帯やスマホ、パソコンで24時間借入、返済が可能」なことです。楽天銀行の口座開設していればカードローンの借入、返済が24時間いつでも可能になります。例えば、夜中に急なお金が必要になったとしても、インターネットからお金の振り込み申し込めば、自分の楽天銀行の口座へ即座に反映してくれます。しかも、提携ATMでの借入や返済の手数料も無料で利用できるところは他社の銀行にはない最大の強みです。

主婦や学生はキャッシングが可能なの?

消費者金融によってそれぞれ審査方法は異なりますが、ほとんどの場合主婦や学生でもキャッシングを申し込むことは可能です。

ただあくまでもある一定の収入があればということです。

専業主婦やアルバイトをしていない学生はまず借り入れをすることはできません。

なぜかというと年収の3分の1以上の借り入れがある人は、それ以上の借り入れができないようになっており、これは総量規制法という法律で定められております。

ですので、もともと収入がない方は必然的に借り入れをすることはできない仕組みになっております。

ただ例外として専業主婦でも配偶者貸付といって夫婦の年収を合算して、二人分の年収の3分の1までお金を借りられるという仕組みもあります。

これには夫の同意も必要になりますが例外措置として認められているので専業主婦で借り入れを検討されている方はこれに対応してる消費者金融を探し申し込んでみてください。

奨学金の返済遅延は3ヶ月以上の延滞以外で登録されるだけがデメリットではない!

長い不況、そして物価上昇に対して給与アップが追い付かず、進学のため奨学金を利用する学生は少なくはありません。

そして、就職が決まらない、就職した者の給与は少なく、返済が滞るケースがあり、最終的には債務整理に行きつくこともあります。

その結果、奨学金の返済に関し、3ヶ月以上の延滞があると個人信用情報に延滞記録が登録され、債権回収会社に債権譲渡されることで譲渡記録が5年間残る状況になっています。

ですが、奨学金はこれらのデメリットだけではなく、滞納が発生した時点で日本学生支援機構以外からの借り入れ情報も入手するということになっています。

そして、多重債務と判断された場合、即時に法的処理に移ると明言されており、クレジットカードやカードローンよりも対応が厳しくなっているのが実態です。

特に学生時代から学生ローンを利用し残高が残っている、就職後新たにカードローン契約している場合には非常にリスクが高い状況となっているため、不要なカードローンやキャッシング契約は避ける必要があります。

プロミスはカードレスでも利用できます

プロミスのカードは青色で、SMBC CONSUMER FINANCEと書かれています。プロミスとは通称で、現在の正式名称はSMBC CONSUMER FINANCEと言うのです。ですからこのカードを見ただけでプロミスのカードだと分かる人は、プロミスと契約している人でしょう。つまりプロミスカードを財布に入れていても、プロミスと契約しているとばれる可能性は低いです。

それでも心配な人は、プロミスではカードレスでも契約できます。その方法は、WEB完結申し込みというインターネット経由の申し込み手続きで行います。ちなみに公式サイトの「フル入力でお申し込み」から申し込むと、完全にWEB完結の申し込みが可能です。なお返済は原則口座振替で、借入は振込み融資で行い原則平日14時50分に振込み申請した場合のみ当日に振込みされる仕組みです。

アイフルのファーストプレミアムカードローン

ここからご記入ください。初めてカードローンと契約される方は、テレビCMでお馴染みの消費者金融が安心です。中でもアイフルには、テレビCMではやっていないファーストプレミアムカードローンという特別な商品があります。非常に低金利のため審査は厳しめですが、こちらに落ちても通常のカードローンには通る可能性は高いので、ダメ元で申し込むのもアリです。

アイフルのファーストプレミアムカードローンの基本スペックは、融資限度額が100万円~500万円、金利は年4.5~9.5%です。こちらも総量規制の対象となるために、最低年収300万円以上ないと申し込めません。また初めてアイフルと契約される年齢が満23歳以上59歳以下の方と、通常のカードローンよりも申し込みみ条件が厳しめです。しかし最大30日間の無利息サービスはありますし、即日融資も可能ですから利便性は高いです。