主婦で消費者金融系キャッシングを受ける為に必要な事

主婦で消費者金融系のキャッシングを希望する場合、専業主婦か兼業主婦かでその難易度は大きく異なります。

まず、比較的容易なケースである兼業主婦の方について見て行きましょう。兼業主婦は男性と比べてパートやアルバイト等様々な雇用形態を取っている点が特徴です。その為、雇用形態を不安視してキャッシングの審査通過を危惧する方も珍しくありません。

ですが、キャッシングの審査を受けるにあたって、雇用形態を理由に諦めるのは些か早計だと言わざるを得ません。銀行系は別として消費者金融系のキャッシングであれば、パートやアルバイトであっても十分に審査に通過するチャンスはあります。特に消費者金融の審査は、収入の大小より安定性を重視する点が特徴です。したがって、主婦のパートやアルバイトであっても勤務実績が長い方は、審査に通過する可能性はより高くなると言えるでしょう。

続いて見て行きたい点が、専業主婦での融資を希望するケースです。こちらは本人名義の安定収入がない上に総量規制による制限が加わる為、そのまま消費者金融の審査を受けても融資を受けられる可能性はゼロだと言えます。

ここで注意したい点が、配偶者貸付を実施している消費者金融の存在です。配偶者貸付は夫とご自身の収入を同一のものと扱って融資を行う制度ですが、対応している消費者金融ならば主婦であっても融資を受ける事が可能です。全ての消費者金融が対応しているわけではありませんが、対応してくれる消費者金融ならば十分に融資の可能性はあると言えます。

キャッシングは主婦でも借り入れことができるのか。

キャッシングはお金が必要なときに迅速に融資してくれる便利なサービスです。そのため、現在では多くの人が利用しています。しかし、実際に利用する際に不安を感じるのは実際に審査に通るだろうかということです。今日はもし主婦の人がキャッシングを利用することを考えている場合に、果たして審査に通るのかどうかということについて記したいと思います。

実際に主婦でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。実は専業主婦の場合には残念ながらキャッシングを利用することは難しいと言えます。なぜでしょうか。それはキャッシングには総量規制があるからです。この総量規制とは年収の三分の一までキャッシング会社は融資ができるというものです。それで、専業主婦の場合には年収がゼロなので、キャッシングを利用することはできないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。やはり収入を得ることが重要です。ですので、アルバイトやパートでも良いので毎月安定した収入を得ることがどうしても必要です。よく正社員でなければ審査には通らないと考えている人がいますが、条件によってはアルバイトやパートでも借り入れることが可能です。例えば、長年同じ会社で働いている、そして毎月安定した収入があると、キャッシング会社は信頼できる人と判断し、アルバイトやパートでも審査を通してくれる可能性があります。

それで主婦でもぜひ簡単にあきらめないで、自分の条件を分析して、申し込んでほしいと思います。

プロミスはコンビニで利用できるので便利

最近キャッシング業界は非常に便利になっており、専門のATMで借りる以外にもコンビニエンスストアで簡単にキャッシングを利用する事が出来ます。

インターネットで申し込みをして審査に合格すると、提携コンビニエンスストアで簡単にキャッシングできますので、ほとんど人にバレる心配がなく安心してキャッシングサービスを利用する事が出来ます。

プロミスは多くのコンビニと提携しており、全く問題なく利用できますので利用者の数が非常に多いのが特徴です。

家の近くや会社の近くにコンビニは必ずありますので、そこでお金が借りたいときにスムーズにお金を借りることが出来るようになっています。
プロミスはインターネットで簡単にお金が借りれるかどうか診断できますので、本当に初心者の方でもお金を借りやすい消費者金融です。

キャッシングは恥ずかしいことだと思っている人がまだ多くいると思いますが、日本では非常に多くの方がキャッシングを利用していますので、まったく恥ずかしがることはありません。

アルバイトでもキャッシング可能

フリーターや学生のアルバイトで頑張ってお金を稼いでいる方でも、急な出費でお金が足りなくなることもあるでしょう。

家族にお金を貸してくれてとは言いにくいし、友達から借りてトラブルになっては大変です。
一時的にお金を借りるなら、キャッシングを利用してみましょう。

キャッシングは正社員じゃないと借りられないというイメージがありますが、そんなことはありません。
コンスタントに収入を得ている方なら、どんな働き方をしていても申し込みをすることができます。

学生でも20歳以上でアルバイトで毎月継続して収入を得ている方なら、キャッシング可能です。
派遣社員やパートも同様で、一番重要なポイントは、継続して一定の収入を得ているという点です。

年収の額よりも、継続して収入を得ているということがとても重要です。

同じ勤務先で長く勤めいていて一定の収入を得ているということは、それだけ信頼性があるということです。

賃金業者も最近は多くの方に幅広く利用してもらうために、アルバイトやパートでも申し込みを受け付けています。
年収ベースで借り入れ限度額は決定されますから、パートや学生アルバイトの方はあまり高い限度額は望めませんが、それでも生活の助けにはなります。

キャッシングはいざという時に頼りになりますから、アルバイトだからと気後れせずにまずは申し込みしてみるのが良いでしょう。

減った自動契約機。でもキャッシングはどんどん便利になっていく

以前は駅の近くや国道沿いなどいたるところにあったキャッシング業者の自動契約機ですが、最近はその数も随分減りました。

特に郊外では探すほうが大変なほど、数年で随分姿を消しています。

これではキャッシング契約するのが大変だと思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

しかし、今は最速でキャッシング契約をするならばインターネットの存在があります。

実際に、自動契約機へ直接出向くよりもパソコンやスマホでお申し込みをする方が審査スピードは早いという業者が多いのです。

借り入れについてもネットを利用して口座を登録することで、ネット振込みを行ってくれますので、

お申し込みから借り入れまで1時間というスピーディーな手続きという業者も少なくありません。

大手業者の中でキャッシングまでの手続きが短いのは、もちろん条件によりますがプロミスやアコム、アイフルなどと言えます。

平日の14時までにネットでのお申し込みを行えば多くの場合即日融資に対応してくれますし、

必要書類の添付までネットやスマホを利用して送信可能です。

つまりは自動契約機へ出向く必要が無いだけではなく、外にすら出なくてもキャッシングが出来るのです。

さらにモビットはweb完結というサービスを導入し、状況次第ではありますが電話での確認や郵送物まで一切なしというプライバシーを保護してくれております。

このように、時代はどんどん進化してキャッシングも便利になってまいりました。

どうしてもお金が必要なときの大切な存在として、今後もキャッシングは行き続けていくのです。

主婦がキャッシングをするときの注意点や気になる事とは

キャッシングは、2010年の法律改正によってキャッシング事情は、変化しました。銀行や消費者金融の業者が主婦に対しての貸付について3つのスタイルで執り行っています。

1、収入が無い主婦に対しての融資は不可能とする

2、収入がない主婦に対して、配偶者に収入があり、尚且つ配偶者からの同意が得られている場合にのみ融資可能とする

3、収入がない主婦に対しての融資も可能とする(配偶者の同意はふようとする)

もちろんですが、収入がある主婦はもちろん融資可能です。

主婦がキャッシングをする場合の注意点としては、高額の借り入れは難しいという点です。主婦向けに設定されている限度額については、30万~50万程度でほとんどが30万円以下です。

主婦向けの融資は、例えば、主婦に収入がある場合でも同様で審査が通るかどうかは未知数です。必ず借りられるとは言い難いという事です。

主婦が高額の融資を期待していると、必要なお金が手元にないという状況もあり得ます。高額な融資を期待しない方が良いです。

キャッシングをするときに、消費者金融の窓口には行きにくいと感じている主婦の方も多いようです。知り合いに見られたくないなどの理由です。キャッシングの場合インターネットからの申し込みと口座振り込みが可能な業者を利用すると良いです。自宅で申し込みをして契約をし、自分の銀行口座から引き落とすだけですから簡単にキャッシングはできてしまいます。

住宅ローンの審査に影響してしまうだろうか?と不安を抱えている方も多いようですが、夫の名義で住宅ローンを組まれれば、影響はありません。夫婦連名での名義にするとなると、妻のローン情報が影響します。

実際に審査をしてみないと分からないですが、返済遅れやキャッシング業者の数が多いと審査では不利になる可能性があります。返済中のものはできるだけ完済した後に、住宅ローンの申し込みをする事が理想的です。

また、過去の利用歴を気にする方もいますが、きちんと返済期限を守り返済済であれば影響はほぼありません。

主婦層のキャッシング注意点

キャッシングは担保などの必要なくお金を借りることができるため、資産のあまりない人でも利用することができます。そのため、主婦層にも一定の利用者がいるのも事実です。

しかし、必ずしもどこの金融機関に申し込んでも主婦がお金を借りられるわけではありません。金融機関についてや規制の情報、体験談をもとにしっかりと審査に応じてもらえそうなところを選ばなければ、信用情報に無駄な傷をつけることにもなりかねないので注意することは不可欠です。

まず注意しないといけないのが総量規制の問題です。総量規制はその人の年収の三分の一を超えてお金を借りることはできないというものです。例外事項は幾つかあるものの、消費者金融からのキャッシングはこの規制の対象となります。

当人の収入の有無という点で言えば、例えば専業主婦には一切収入はありませんので借り入れ自体ができません。パートであっても扶養対象範囲内であれば多く見積もっても三十万円強しか限度額が設定されないということになりますので、本当に使いたい用途に沿うのかどうか考えなくてはなりません。

ただし銀行からのカードローンでの借り入れであれば総量規制対象とはなりません。そのため旦那の収入も含めての審査結果で年収の三分の一以上借りれたり、専業主婦でも借りることが可能です。

こうした条件があるためにまずは主婦層がやるキャッシングの場合は事前に直接問い合わせをしたほうが着実だと思います。

専業主婦に朗報!収入が無くてもお金を借りる方法

急な出費は誰にでも起こるもの。主婦の方は特に、そのような機会が多いのではないでしょうか。

しかしまとまったお金が必要なのに、手元にも銀行にも無いという場合、どこかからお金を借りる必要が出てくるでしょう。

そのような場合、主婦の方はどのような方法をとることが出来るのでしょうか。

知っておられる方もおられると思いますが、貸金業法には総量規制というものがあります。総量規制とは年収の3分の1までしか借りることができないという決まりごとです。

ですから限度はありますが、主婦の方でもアルバイトやパートなどをしており、毎月安定した収入がある方は、借り入れしやすくなります。

では、個人として収入の無い方、つまり専業主婦の方は借りることができないのでしょうか。

いいえ、そうではありません。専業主婦の方がお金を借りるのを可能にするものとして、「配偶者貸付」という制度があります。

つまり夫婦の年収を合算し、その金額の3分の1までの金額を借りることができると言う制度です。この制度を用いれば、ご主人に安定した収入がある限り、収入の無い専業主婦でもお金を借りることが出来ます。しかしこれには二人が夫婦であることを証明するものが必要になることがあります。

ですから申請には妻の本人確認書類だけでなく、住民票などの夫婦であることを証明できる書類、夫の収入を証明する書類、夫の同意書が必要になる事もありますので、よく事前に調べなければなりません。

レディースキャッシングの魅力とは

キャッシングは77.7%が男性利用者だという統計もあります。圧倒的に男性が多く、逆に女性利用者はまだまだとても少ないといえます。
この原因については様々な要因が考えられますが、特にキャッシング申込みのときの男性スタッフからの電話に抵抗感を感じる女性が多いのです。イメージ的には女性の利用者も増えてきた気がしますが実際にはまだまだ少ないといえます。

でも女性でも便利なキャッシングを利用したいと思う人はたくさんいます。急にお金が必要になったときにはすぐに借入できるのでイザというときには本当に頼りになります。

このような女性のニーズに答えて登場したのがレディスキャッシングです。契約時の電話も専門の女性オペレーターが担当するので安心して申込むことができます。借入や返済などで疑問や相談があるときは女性専用のフリーコールをいつでも利用できます。担当の女性スタッフが親切に説明するのでとても役立ちます。

またレディースキャッシングはパソコンやスマホなどで24時間利用できます。店舗や自動契約機に出向かなくても契約ができるので、人目を気にする心配も要りません。

スマホなどでWebsサービスを活用すれば便利なキャッシングを自宅に居ながら借入や返済の手続きができるので本当に簡単便利なのです。